副業から始めよう

自由業とは?おすすめの職種一覧や始め方、自営業との違いを教えます

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

自由業という言葉を聞いてピンときますか?

現在自由業を生業とする人が増えてきおり、ブームとなりつつありますが、いまだに認知されていないのも事実です。

そこで今回は魅力的な「自由業」の実態についてお話していきます。

自由業とよく間違われる自営業との違いから、おすすめの職種一覧、メリット・デメリット、自由業の始め方まで解説していきます。

これから自由業を志す際、当記事をよくご覧になると理解が深まるでしょう。

自由業とは?

まずは自由業とは何か、そして自営業との違いについて説明していきます。

そもそも自由業とは「勤務時間に縛られることのない専門的な職業」と定義されています。

サラリーマンのような働き方ではないことがわかりますよね。

イメージしやすい仕事としては小説家などの作家や弁護士などのような士業を指すことが多いのが自由業です。

自由業と自営業の違い

一方、自営業は自由業と同様に個人で働く場合を指す言葉ですが、勤務時間に制限がある場合があるため、自由業と区別されることがあります。

例えば個人で自転車屋を営業する場合は、店を営業している時間に縛られることから自由業ではなく自営業と呼ばれることが多いのです。

ただし法律上、自由業と自営業を明確に区分するものは存在しないため、自営業と自由業を完全に分けることはできません。

自由業でおすすめの職種一覧!

おすすめの自由業の職種一覧をご紹介いたします。

下記がおすすめ職種です。

・コンテンツ販売
・Webデザイナー
・Webライター
・プログラマー
・フォトグラファー
・コンサルタント
・作曲家
・ネットショップ・投資家

1つずつ説明していきますね。

コンテンツ販売

まず紹介するのはコンテンツ販売。

コンテンツ販売とはあなたの持っているノウハウや情報を電子書籍にまとめて販売するというもの。

次に紹介するアフィリエイターに比べて、商品の売り上げ全てがあなたのものであるという

点から利益をあげやすい職業です。

また稼ぐ仕組みを一度構築すれば、半分放置でもお金を稼げるため自由業を代表するような働き方と言えるでしょう。

コンテンツ販売とは?初心者でも月収100万円稼ぐやり方を教えます「ネットビジネスで月にいくら稼げるの?」 このような疑問をお持ちではないでしょうか。 うまくいけば5万円くらいでしょうか。 ...

アフィリエイター

次に紹介するのはアフィリエイター。

アフィリエイターはコンテンツ販売とよく似ていますが、販売する製品が他社(他人)の商品であるという点が異なります。

利益を上げるのは少し難しいのですが、商品を作る必要がないというメリットがあるため、商品作りに自信がない人はアフィリエイトを志すのもありといえるでしょう。

Webデザイナー

WebデザイナーはWebサイトのデザインを担う仕事です。

専門的な知識、技術、センスが必要ですが、スキルがあれば仕事に困ることは少ない職種です。

働く時間も自由にコントロールできるため、手堅い自由業といえばデザイナーでしょう。

Webライター

Webライターはコンテンツ販売やアフィリエイトの手伝いをする仕事というイメージです。

Webサイトのコンテンツ(記事)を執筆する仕事。

再現性が高く、稼ぎやすい自由業です。

まずはWebライターから始めて、少しずつコンテンツ販売やアフィリエイトに移行していくのもおすすめ。

webライター初心者の収入ってどれくらい?始め方や稼ぐ具体的なステップWebライターという働き方が今、人気となっています。 パソコン1つあればお金を稼げるというスタイルから副業にする人が増えているんで...

プログラマー

プログラマーはシステム、アプリケーションなどを制作する仕事です。

Webデザイナーと同様スキルが必要ですが、仕事を取るのはさほど難しくなく、勉強さえしておけば安定して稼げる自由業の1つ。

特に再現性が高く半年〜一年勉強すれば実践レベルになるため、自由業に興味がある場合はプログラマーから始めるのもありでしょう。

フォトグラファー

写真家(フォトグラファー)も最近人気な自由業。

一眼レフカメラなどを持っており、普段から写真を撮るのが趣味という人は一度写真を仕事にしてみることを考えてみてはいかがでしょうか。

フォトグラファーになるにはセンス、技術の両方が必要で誰でもなれるわけではありません

が、売れっ子になると月収100万円も夢ではありません。

挑戦してみる価値はあると思います。

コンサルタント

ビジネスなどのアドバイスをするコンサルタントも自由業の中では人気です。

コンサルタントは多くの場合資格がいりません(キャリアコンサルタントなど例外もありますが)。

ですので、スキルと知識があれば誰でも名乗れるのがコンサルタント。

しっかり成果を出す必要はありますが、手っ取り早く自由業になりたいならコンサルタントを名乗るのがおすすめです。

ネットビジネス初心者でも月収100万稼ぐ!コンサルタントビジネスとは?今回はネットビジネス初心者の方でも大きく稼ぐことができる、「コンサルタントビジネス」についてご紹介いたします。 ネットビジネスの中...

作曲家

作曲のスキルがある場合は作曲家もおすすめ。

仕事を取るのが最初は難しいかもしれませんが、ココナラなどのクラウドソーシングサイトを利用して実績を積みましょう。

ネットショップ

ネットショップを運営して利益を上げる自由業もあります。

”ネット”ショップという点がポイントです。

実店舗を持つ商売をしてしまうと営業時間に縛られるため自営業になってしまいますが、ネットならWebサイトが営業をしてくれるため、時間に縛られず自由業にできます。

個人でお店を持つならネットショップがおすすめです。

投資家

最後に紹介する自由業は投資家。

投資家は株や不動産を売買して、配当収入や家賃収入などを得るビジネスモデルです。

投資家は時間に縛られなず、完全な自由業なため、究極的に目指すべき働き方といえるでしょう。

他の自由業を経由しても最終的には投資家を目指すことをおすすめします。

自由業のメリット・デメリット

さて自由業について紹介してきましたが、そのメリット・デメリットについても紹介しておきましょう。

自由業のメリット

まずはメリットについて。

時間にとらわれない

自由業最大のメリットは時間にとらわれないという点。

その定義にもある通り、自由業は働く時間が自由です。

いつ働いてもよく、他人に干渉されることが少ないためストレスなく仕事ができます。

サラリーマンのように勤務時間や残業に苦しんでいる場合は自由業がおすすめです。

場所にとらわれない

次に紹介するのは場所の自由があること。

自宅で働いたり、カフェで働いたりといったことが可能なのが自由業です。

満員電車に揺られる必要もなくなり、通勤時間を睡眠や労働に充てられるため自由な時間を増やすことが可能。

自分のしたい仕事ができる

また自由業は個人で働く仕事であることがほとんどであるため、好きなことを仕事にできるのです。

例えば文章を書くのが好きならライター、デザインが好きならデザイナーといった具合。

大企業で働くとどうしても自分の好きな仕事ができない状況に陥りがちですが、自由業は職種も自由に選択できます。

収入を自分で決定できる

また収入を自分で決定できるというのもメリット。

働いた分が収入となるため、自由業は収入をコントロールしやすいのです。

仕事をうまく獲得できれば収入が先月の倍になることもザラにありますから。

スキルが身に付く

最後に紹介するのはスキルについて。

企業で働く場合、スキルは細分化されたもので個人では役に立たない場合も多いのです。

例えばリストラされた場合、すぐに働くことができないなんてこともサラリーマンでは多々あります。

一方自由業の場合、仕事の取り方から仕事そのものまで全て1人でする必要があるため、スキルが磨かれるのです。

スキルがあれば仕事を獲得するのも容易で食いっぱぐれることもありません。

サラリーマンよりリスクの少ない生き方ともいえるでしょう。

自由業のデメリット

一方で自由業には自由にできる分、デメリットも存在します。

仕事を取るのが難しい

まずは仕事を取ることが難しいという点。

サラリーマンなら上司から仕事を振られますが、自由業は自分で仕事を獲得しなければなりません。

そのためハードルが高く、なかなか仕事を取れないといった状況になりがちです。

そこでおすすめなのがクラウドソーシング。

クラウドソーシングは手数料を取られますが、素人でも簡単に仕事を獲得することができます。

まずはクラウドソーシングで仕事を取り、実績を積むことをおすすめします。

収入が不安定

収入が不安定なのも注意が必要です。

自由業は固定給ではありません。

基本は働いた分が収入になるというシステム。

つまり働かなければ収入はゼロなのです。

仕事が急に取れなくなって収入が激減する場合も自由業には多いので、しっかりセーフティネットを用意しておくことをおすすめします。

最悪、アルバイトで生活費を確保することも視野に入れた方が良いでしょう。

セルフマネジメントが重要

さらに自由業はセルフマネジメントが重要になってきます。

例えば睡眠時間を多く取りたい、休憩をしたいといった欲求がありますよね。

しかし、自由業の場合はそういった欲求をある程度コントロールして仕事しなければなりません。

あなた以外にあなたをコントロールする人がいないのが自由業の恐ろしいところです。

心を鬼にして仕事に取り組むようにしましょう。

スキルを身に着けるまで時間がかかる

スキルを身に着けるまで時間がかかるのも注意点です。

例えばプログラマーなら半年ほどは最低勉強する必要があり、すぐに働けるわけではありません。

ですので、自由業になるにはスキルを磨く時間が余分にかかることに注意してください。

これから自由業を始められる方は、その分野でメンターを付けることによって、ビジネスに必要なスキルを最短で身につけることができるのでおすすめです

...

全ての責任を自分で負う必要がある

全ての責任を自分で負う必要があるのもデメリットです。

企業で働く場合、責任は会社にありますので、個人のミスはあまり重く扱われません。

しかし自由業の場合、ミスは全てあなたの責任です。

1つのミスで仕事がなくなることもザラにあります。

自由業の場合は1つ1つの仕事を丁寧にこなすようにしましょう。

自由業の始め方とは?

自由業の始め方について最後に紹介しておきましょう。

お金を貯める

まずは勉強するため、生活をするためなど様々な理由でお金が必要になるので、お金を貯めておきましょう。

お金がなければ何をすることもできません。

プログラミングを例に取れば最低半年は生活できるぐらいのお金を用意するようにしてください。

スキルを磨く

次はスキルを磨きましょう。

スクールに通ったり、独学したりと勉強の仕方は様々ですが、とにかく自由業はスキルが命です。

スキルなくして働けるものではありません。

お金を貯めたら一番にスキルを磨くようにしてください。

仕事を獲得する

スキルを獲得したら仕事を取りにいきましょう。

仕事を取る際、最初はクラウドソーシングの利用をおすすめします。

クラウドソーシングは先ほども紹介したように簡単に実績がなくても仕事を取れるサービスです。

クラウドソーシングで実績を積むところから仕事を始めましょう。

信頼を獲得する

クラウドソーシングで仕事を受注していくと信頼を構築することができます。

クライアントと信頼ができてくると単価をあげてもらったり、新しい仕事を獲得できたりといったことに繋がっていき、収入も増えていきます。

1つ1つの仕事を丁寧にこなしていき、信頼を獲得しましょう。

実績を元に新たな顧客を獲得する

実績を元に新たな顧客を開拓していきましょう。

ポートフォリオと呼ばれる実績集を作成して、ポートフォリオを元に仕事を獲得するといった流れが王道です。

クラウドソーシングのように手数料を取られることもないので、収入もグッと増えます。
自由業をするなら、脱クラウドソーシングは必須項目です。

ぜひポートフォリオを作成してみましょう。

自由業を始めるには”副業”からという手もある

お金や勉強が必要と説明してきた自由業ですが、自由業は時間に自由であるため、”副業”という方法から始めることも可能です。

例えばサラリーマンをしながらプログラミングの勉強をして、空き時間に仕事を受注するといった働き方もおすすめ。

自由業になりたいからといっていきなり仕事を辞めるのもリスキーなので副業から始めてみてはいかがでしょうか

自由業で文字通り自由な人生を実現しよう!

自由業について解説してきました。

おさらいしますと、自由業は時間に縛られない働き方です。

おすすめな自由業の職種は下記。

・コンテンツ販売
・Webデザイナー
・Webライター
・プログラマー
・フォトグラファー
・コンサルタント
・作曲家
・ネットショップ
・投資家

自由業のメリットは時間や場所、金銭的な自由。

デメリットは収入の不安定さやセルフマネジメントといった事柄です。

ただ、デメリットを差し引いてもメリットが勝るのが自由業だと思いますので、この機会に副業からでも自由業に挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

自由業を仕事にできると本当に自由で、ストレスの少ない毎日を実現できますよ。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫