副業から始めよう

近い将来なくなる仕事ランキングTOP10!残る仕事の共通点はAI?

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

将来、技術の発達によりなくなる仕事ってあるんだろうか?

上記の疑問にお答えします。

結論から述べますと、AIの発達によってポジションを奪われる仕事は危険です。

そんな将来なくなる可能性のある仕事を当記事ではランキング化してご紹介していきます。

もしもあなたがランキング内の仕事を選択しているorこれからなろうとしているのであれば、もう一度自分のキャリアを考え直した方がいいかもしれません、

不安にさせてしまい申し訳ございませんが、事実は事実です。

しっかり受け入れてより安全な仕事を選択しましょう。

それでは早速本題の『将来なくなる仕事ランキング』をご紹介していきます。

将来なくなる仕事ランキングTOP10


結論から先に言うと、将来なくなる仕事は下記です。

第1位:レジ係
第2位:運転手
第3位:娯楽施設の案内係
第4位:ホテルの受付
第5位:データ入力
第6位:警備員
第7位:スーパー店員
第8位:新聞配達
第9位:給食調理人
第10位:事務員

1つずつ解説していきましょう。

第1位:レジ係

なくなる仕事第1位はレジ係です。

現在ですらセルフレジがあらゆる場面で利用されています。

将来的にレジは完全に無人化されることが想定されるでしょう。

基本的にAIやロボットで自動化できる仕事は人件費削減のため今後なくなっていきます。

その最たる例がレジ係ですね。

第2位:運転手

第2位は運転手です。

現在自動運転が発達してきています。

まだ完全自動運転は実装されていませんが、将来的に人間より高性能な自動運転が出てくることが容易に想像でき、運転手という職業がなくなるでしょう。

運転手にはバスの運転手、タクシーの運転手、飛行機、鉄道などがありますが、どれも将来的にはなくなる可能性が高いため、これから目指すのはあまりおすすめできません。

第3位:娯楽施設の案内係

娯楽施設、テーマパークの案内係もロボットやAIによって取って代わられるでしょう。

案内ロボット、AIの発達はまだまだ課題も多いですが、近い将来確実に発達します。

娯楽施設に限らず、銀行などの案内をする受付も仕事がなくなっていくことが想定されますね。

第4位:ホテルの受付

第4位はホテルの受付です。

ホテルの受付は現在、多言語を話せる人材や丁寧なサービスをする人材が重宝されていますが、将来的にはロボットによる受付が進んでいきます。

実際チェックインやチェックアウトの手続き、鍵のやりとりはロボットでも十分行えますからね。

ロボットには難しいクレーム対応等だけをする人間は残るでしょうが、大半は無人化されるでしょう。

第5位:データ入力

データ入力もAIの発達でなくなる仕事です。

第5位にランクインしました。

というのも、現在は画像から文字を読み込むロボットが発達しており、データを手打ちする必要性がかなり減っています

将来的にはデータ入力の仕事は全てロボットで代行できるようになるでしょうから、アルバイトもなくなっていくことでしょう。

第6位:警備員

第6位は警備員です。

警備ロボットの発達によって人件費の削減が進んでいくと想定されます。

将来的には警備ロボットを管理する人材1人で警備はまかなえるようになるでしょうから、大幅に警備員の仕事が減るでしょう。

第7位:スーパー店員

スーパーのレジはもちろん、棚卸しや接客といった業務もロボット化されていきます

スーパーに限らず、コンビニなどの小売店全般に言えることですので、今後接客や裏方の仕事はことごとくなくなっていくでしょう。

その代わり、経営は人間がすることになるので、小売店の管理をする人間になれば仕事は安定するはず。

目指すは経営者です。

第8位:新聞配達

新聞配達を始めとした配達も自動運転によって仕事が激減するでしょう。

そもそも新聞そのものが電子化される可能性が高く、配達するのではなくダウンロードするという形になることが予想されます。

学生バイトの代表だった新聞配達ですが、将来的にはなくなると思われます。

一方で新聞記者など、新聞を作るライターなどの仕事は無くなりませんから、新聞に携わる仕事を目指すなら記者・ライターを目指しましょう。

第9位:給食調理人

給食など大規模な食事を作る仕事もロボットに取って代わられるでしょう。

現在も食品工場では大量の食事をロボットが作っています

給食も近いうちにロボットが作るようになるはず。

一方で調理師、料理人という職業はなくなることはないので、レストランなどで料理をする人材を目指すことをおすすめします。

第10位:事務員

最後に事務員も将来なくなる仕事です。

事務手続きもほとんどがAIによって進められるようになっています。

会社の事務の人間がどんどん減らされていくでしょう。

先ほども述べましたが、経営をする人間は必須ですので、会社を起こすという選択肢も視野に入れてみてください。

なくなる仕事の共通点はAIに仕事を奪われること!


将来なくなる仕事について説明してきましたが、どの仕事にも共通点はあります。

共通点とは「AI、ロボットにより効率化される」ことです。

人間が行わなくてもいい仕事はどんどんAIとロボットを利用して人件費を削減されてしまいます

結果として仕事がなくなるということ。

自分の仕事、なりたいと思っている仕事がAIやロボットにもできるのでは?という観点でみてみると良いかもしれません。

残る仕事の共通点とは?


では、残る仕事とはどんなものがあるのか?という話になりますよね。

将来も残る仕事はクリエイティブな仕事です。

AIが得意な仕事は効率化であり、創造ではありません。

人間が得意な仕事は逆に創造で、効率化は不得意です。

つまり創造をする仕事なら人間の仕事がなくならないということなのです。

例えばデザイナーやライター、アーティスト、経営者といった仕事はどれもAIがすることができない仕事です。

これらの仕事なら将来的にAIに仕事を奪われることはありませんので、安心して取り組むことが可能。

またAIやロボットを作る仕事も需要があります。

今後どんどん発達していく分野ですからね。

ただし注意が必要なのは、技術発展が進み、ロボット(AI)がロボットやAIを作ることができるようになった場合、人間はお払い箱になってしまいます。

いわゆる技術的特異点というものです。

しかしまだまだ未来の話ですし、技術的特異点に到達した人類の未来は想像が難しいですので、あまり気にする必要はないのかもしれません。

とりあえずは今回紹介した10個の職業をなるべく選択肢から外し、クリエイティブな仕事を選択するようにしてみてください。

そうすれば仕事がなくなることへの不安はある程度軽減できるでしょうから。

自分の仕事がなくなるのか早めに判断して適切なキャリアを目指そう!


以上、なくなる仕事ランキングでした。

ランキングをおさらいすると下記です。

第1位:レジ係
第2位:運転手
第3位:娯楽施設の案内係
第4位:ホテルの受付
第5位:データ入力
第6位:警備員
第7位:スーパー店員
第8位:新聞配達
第9位:給食調理人
第10位:事務員

上記の仕事の共通点は全てがAIやロボットによる効率化ができてしまうというものでした。

逆に効率化ができない経営やクリエイティブな仕事は将来なくなることはありません。

これから仕事を選ぶのであればクリエイティブでAIにはできない仕事を目指すのがおすすめです。

もしもあなたの仕事が今回紹介したランキングに入っている場合は別の仕事を選んだ方が良いかもしれません。

将来安心できる仕事を選択し、不安のない人生を送りましょう。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫