副業から始めよう

リモートワークとテレワークの違い!メリットやデメリットを教えます

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

リモートワークという言葉を耳にすることが最近多くなってきました。

しかし、いまだにしっかりと認識されていないのも事実。

そこで当記事ではリモートワークについて深堀していき、副業でリモートワークをする場合のおすすめの業種まで解説していきます。

ぜひ働き方を考える際の参考にしてみてくださいね。

リモートワークとは?

リモートワークとは何か?という点から説明を始めていきます。

リモートとは「遠隔の」という意味。

つまり直訳すると「遠隔の労働」がリモートワークです。

もっと噛み砕いて説明するとオフィスにいかず、自宅などで働くことをリモートワークといいます。

インターネットを利用して遠隔で働く仕組みを意味しますので、近代的な働き方といえるでしょう。

リモートワークとテレワークの違い

リモートワークともう1つ似た言葉として「テレワーク」があります。

両者の違いについても説明しておきましょう。

基本的に言葉の意味は同じ

リモートは「遠隔の」ですが、テレは「離れたところ」を意味する言葉で、テレワークは日本テレワーク協会曰く、「情報通信技術を活用した場所や時間にとらわれない働き方」とのことです。

リモートワークも遠隔労働、テレワークとほぼ同じ意味です。

つまりリモートワークとテレワークの間に明確な違いはないということ。

しかし使い分けるシーンも確かに存在します。

テレワークの方が古い言い方

結論から言うとテレワークの方が古い言い方です。

というのも大企業や公的機関が昔から使ってきた言葉がテレワークだから。

今でも大きな企業などはテレワークの呼称を使うことが多いのです。

一方、新しい企業、ベンチャーなどはリモートワークを使うことが多く、言葉の使い分けが行われています。

結果、最近はリモートワークという言葉を使う企業が増えてきているため、テレワークという言葉を聞くシーンが少なくなっています。

しかしリモートワークとテレワークが同じ意味の言葉であることは知っておいてください。

公的機関や大企業と仕事をする時はテレワークの呼称を使われることが多いので。

リモートワークはチームで働く場合に用いることが多い

もっとリモートワークの認識について深堀していきますと、リモートワークはチームで何かの仕事をする際に使われることが多いのです。

複数人がチャットや映像通信を通じて離れた場所で仕事をするスタイル。

上記の働き方をリモートワークということが多く、個人で働くテレワークとはややイメージが異なるのです。

厳密な違いはないリモートワークとテレワークですが、イメージの差でいうと、チームで働くのがリモートワーク、個人で働くのがテレワークといった違いがあります。

今後あなたがしたい働き方はリモートワークかそれともテレワークか、よく理解しておいてください。

どちらの働き方をしたいかによって勤める会社や参加するプロジェクトが異なりますからね。

リモートワークのメリット、デメリット

リモートワークについて理解していただいたところで今度はリモートワークのメリット、デメリットを紹介していきましょう。

リモートワークのメリット

リモートワークのメリットは下記の4点が挙げられます。

・通勤の必要がない
・業種にもよるが働く時間が自由
・好きな場所(カフェなど)で働くことができる
・家族との時間を大切にできる

1つずつ説明していきましょう。

通勤の必要がない

まずは通勤の必要がないという点。

リモート最大の利点です。

満員電車に揺られる必要も痴漢冤罪に巻き込まれる可能性もありません。

自宅でのんびりと働けるのがリモートワークのメリットといえるでしょう。

通勤時間を仕事に充てることでさらに収入も増えますし、無駄がありません。

もちろん睡眠時間に充てて体力回復をすることもできます。

とにかく選択肢が多いのがリモートワークということ。

会社に行くのが毎朝ストレスと感じている人にとってリモートワークは理想的な働き方ではないでしょうか。

業種にもよるが働く時間が自由

また働く時間が自由なのも嬉しいポイントです。

業種によってはリモートでも時間に制限がある場合があるのですが、基本は自由です。

例えば朝はゆっくり眠って昼から働くなんてこともできますし、逆に朝早く仕事を始めて、夕方には飲みに出かけるなんてことも可能。

あなたのプライベートな生活に合わせて労働時間を決められることからリモートワークは自由度が高いといえるのです。

もっと時間をコントロールすれば平日に旅行にいったり、美容院にいったりすることもできるため、リフレッシュも自在にできます。

リモートワークはストレス発散にも効果的です。

好きな場所(カフェなど)で働くことができる

リモートワークは在宅勤務のはんちゅうを超えることが多々あります。

最近ではWi-Fi環境が整った場所が多いため、いろいろな所で仕事ができます。

例えばカフェ、コワーキングスペース、旅行先のホテルや旅館などなど。

様々な場所でできる仕事である以上、好きな所で働くべきでしょう。

お気に入りのコーヒーが飲めるお店で仕事をしたり、好きな旅館で仕事をしたりといったことがリモートワークでは可能なのです。

オフィスでストレスを感じながら働く人にとってリモートワークは素晴らしい働き方に見えるでしょう。

実際、リモートワークはあらゆる点でオフィス勤務に比べてメリットが多いので推奨したい働き方です。

家族との時間を大切にできる

最後のメリットとして家族との時間を大切にできるというものもあります。

自宅で働くので育児との両立も可能です。

リモートワークをしていれば授乳やオムツ替え、寝かしつけといった育児を仕事と並行することができ、夫婦で協力して育児ができます。

結果として夫婦間のストレスも少なくなり、良好な関係を築けるでしょう。

また休みを取ることも自由なリモートワークでは家族旅行などもいきやすいというメリットがあります。

オフィス勤務ではなかなか旅行もいけませんが、リモートワークでは旅行先に仕事を持ち込めるので、一旦旅行をして、仕事は旅行先でするといったスタイルも実現できるのです。

育児をはじめとした家庭の事情に対してリモートワークは非常にメリットが多いのでおすすめ。

ぜひリモートワークを検討してみてください。

リモートワークのデメリット

一方リモートワークにもいくつかデメリットがあります。

・セルフマネジメントが必要になる
・仕事で行き詰まった時、すぐに人を頼ることができない
・リモートワークを認める会社はいまだに少ない

上記のようなデメリットがあります。

1つずつ説明していきましょう。

セルフマネジメントが必要になる

まずはセルフマネジメントについて。

リモートワークは働く時間や場所が自由な反面、自分のことを律する必要があります。

自分で勤務時間を設定して働かなければならないため、自分の感情ややる気をコントロールする必要があるのです。

セルフマネジメントができない場合はリモートワークをすると仕事がうまく進まず破綻してしまうことに繋がりかねません。

自分のことは自分で決めるといった強い意思がない場合はリモートワークができないということです。

仕事で行き詰まった時、すぐに人を頼ることができない

またリモートワークは1人で働くため、人を頼ることができないというデメリットがあります。

ただしこの点については、メンターを付けてたり、スカイプやチャットワークといった通信アプリケーションを利用することで比較的簡単に解決できます。

現在リモートワークを推奨している会社も通信での連絡がいつでも取れるようになっているため、あまり心配する必要はないといえるでしょう。

リモートワークを認める会社はいまだに少ない

3つ目のデメリットはリモートワークを認める会社が少ないという点。

多くの会社はオフィス勤務を行っているため、基本的にリモートワークを推奨している会社以外ではリモートワークはできないと思ってください。

逆に個人事業主や副業ではリモートワークがしやすくなっている時代ともいえます。

本業ではリモートワークが難しくても副業ならチャンスはありますよ。

リモートワークができる副業の業種とは?

最後にリモートワークができる副業の業種について説明していきましょう。

システムエンジニア

まずはシステムエンジニア(SE)です。

プログラムを構築する仕事で、スキルがあればフリーランスとして働けます。

副業でも月収数十万円を狙える美味しい職業。

勉強も半年〜1年で実践レベルまで持っていけるのでぜひ勉強してみてください。

イラストレーター

イラストレーターも人気の職業です。

絵を描くのが得意ならイラストを仕事にするのもありでしょう。

仕事の受注はココナラを利用することをおすすめします。

ココナラはクラウドソーシングサイトの一種ですが、特にイラストレーターに人気があります。

仕事を受注しやすいのでイラストを仕事にしたい場合はぜひココナラを利用しましょう。

ライター

ライターはWebサイトの記事を書く仕事です。

1文字◯円といった報酬体系で働きます。

イラストやプログラミングの知識、技術がなくてもできる仕事なので誰でも始めることが可能です。

まず副業をしたいと考えた時、スキルアップの目的でもコスパが良いのでおすすめ。

...

アフィリエイター

4つ目はアフィリエイター。

アフィリエイターは商品を紹介して報酬を得る仕事です。

ライターに比べると難度が高いのですが、最高月収100万円レベルまで行くことが可能なので夢があります。

まずはライターでレベルアップし、アフィリエイターに挑戦するという流れがおすすめです。

アフィリエイトのジャンルで儲かるのは?初心者の選び方や収入の仕組み「アフィリエイトって一体何?」 そういう疑問を抱えてはいませんか? 当記事ではアフィリエイトの仕組みから初心者におすすめのジ...

コンテンツ販売

最後に紹介するのはコンテンツ販売。

自分の持っているスキル、知識を販売するというものです。

アフィリエイトとの違いは自分の商品を販売すると言う点。

アフィリエイトは商品代金の数%しか報酬で得られませんが、コンテンツ販売は全てが報酬になりますので利益率が非常に良いのが特徴。

最もおすすめな副業リモートワークです。

コンテンツ販売とは?初心者でも月収100万円稼ぐやり方を教えます「ネットビジネスで月にいくら稼げるの?」 このような疑問をお持ちではないでしょうか。 うまくいけば5万円くらいでしょうか。 ...

リモートワークを選んで、ストレスの少ない生活を目指そう!

以上、リモートワークについてのお話でした。

リモートワークはオフィスに行かずに働く働き方です。

メリットはストレスのない生活を送れること。

デメリットはセルフマネジメントなど、自分をコントロールする必要があることです。
おすすめのリモートワークはコンテンツ販売。

自分の商品を販売して、がっつり稼ぎましょう。

リモートで高収入なら、ストレスのない毎日を送ることができますよ。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫