ブログで稼ぐ

webライター初心者が未経験から収入を稼ぐ方法!副業から独立の手順

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫


こんにちは! ユウです。

Webライターという働き方が今、人気となっています。

パソコン1つあればお金を稼げるというスタイルから副業にする人が増えているんですよね。

当記事ではWebライターの業務内容から、なり方、スキルアップの仕方まで網羅的に解説していきます。

Webライターとして副業したい、あるいは独立したいとお考えでしたら、ぜひ当記事を参考にしていただければ幸いです。

目次

Webライターって初心者・未経験でもできるの?

まずは「Webライターって初心者・未経験でもできるのか?」という観点から説明していきます。

初心者・未経験者でもWebライターになることは可能!

結論から先に申しますと、初心者でも未経験でもWebライターになることは可能です。

仕事の内容が千差万別なWebライターは仕事をうまく選べば、誰でも今すぐにWebライターとして働き、お金を稼ぐことができます。

ですので今すぐに副業Webライターとしてお小遣いを稼ぎたいという場合にもおすすめできる働き方といえるのです。

経験・キャリアを積むと収入アップを狙える

未経験でもWebライターになることは十分可能ですが、さらにキャリアを積むことで報酬アップを狙うことができます。

1年以上ライターの経験がある、あるいは専門分野があるといったWebライターは報酬が高くなる傾向にあり、短い時間の労働で高額報酬を得ることも可能。

例えば初心者が1文字0.5円で働くのに対し、キャリアのあるライターは1文字1円や2円で仕事を受注できます。

単純に効率が倍以上になるため、より楽にお金を稼げるということです。

資格を持っているとさらに報酬アップ!

さらに専門の資格を持っているとより高い報酬を狙えます。

例えば法律系の資格を持っていたり、不動産、医療など専門分野があったりする場合は1文字3円〜10円以上まで報酬が高くなることがあるため、爆発的に稼ぐことが可能。

もしもあなたが専門性の高い仕事をしている、資格を持っている場合はWebライターとして大活躍できる可能性が高いといえるでしょう。

Webライターを副業にするってどんな感じ?副業Webライターの生活リズムをご紹介!

次はWebライターの生活リズムについて説明していきます。

一般的な会社員が副業Webライターになった場合のモデルケースをご紹介します。

朝1時間早起きして記事の構成を考える

まずは早起きをしましょう。

副業Webライターは時間との勝負です。

お金を稼ぐために睡眠時間や遊ぶ時間を可能な限り削りましょう。

もちろん健康に影響が出てはいけませんので、バランスは考えてくださいね。

おすすめするのは朝1時間早起きして記事構成を考えるというもの。

記事執筆は構成、執筆と二段階に分かれます。

朝の頭がすっきりしている段階は記事の構成を考えるのに最適ですので、執筆する記事の構成を練るのに朝の時間は充てましょう。

朝の身支度、朝食、出勤の準備をする

記事構成ができたら一旦作業は中断して朝の準備を進めましょう。

副業Webライターはあくまで副業ですので本業を優先するようにしてください。

朝バタバタしないように早起きするのが副業Webライターのコツです。

出勤〜業務〜退勤

出勤して業務を進めましょう。

本業の時は副業のことを忘れて業務に集中してください。

よくあるパターンとして副業に気を取られて本業が疎かになることが結構あります。

あくまで副業はサブの収入源という立ち位置ですので、線引きはきちんとしましょう。

夕食、お風呂、翌日の準備をする

業務が終了して帰宅したら夕食、お風呂、翌日の準備を手早く済ませてください。

YouTubeを観たりテレビを観たり、あるいはゲームをしたりしたくなるでしょうが、副業の時間を作るため我慢しましょう。

娯楽は休日の時間がある時にするようにし、平日は執筆のために時間を作るのが副業Webライターの鉄則です。

寝る前に2時間執筆活動

1日の仕事が全て終わったらいよいよ執筆活動です。

1000〜2000文字程度の記事でしたら慣れれば2時間以内に執筆が完了するでしょう。

慣れるまでは翌日に持ち越しても構いません。

寝る前にしっかり時間を取り、集中して執筆活動に勤しんでください。

就寝

執筆活動が終了したら就寝しましょう。

睡眠をしっかり取るのも重要です。

体を壊してしまっては本業も副業もうまくいきません。

体調管理も重要な仕事です。

副業Webライターは毎日上記の生活の繰り返しです。

遊ぶ時間は少なくなってしまいますが、その分お金を稼げますので、平日は我慢して業務を進めていきましょう。

Webライターの仕事内容ってどういったものがあるの?

Webライターの生活リズムを理解していただいた所で、次は業務内容を共有しましょう。

Webライターの仕事は下記のようなものが多いです。

・ガジェット系
・教育系
・エンタメ系
・法律系
・健康系

1つずつ説明していきましょう。

仕事例①:ガジェット系Webライター

まずはガジェット系のWebライターです。

モバイルバッテリーやパソコン、その他ガジェットについてのレビューや比較、紹介記事を執筆します。

文字単価は1円前後が多く、稼ぎやすいジャンルです。

ガジェットに元々興味がある方ならストレスなく稼げるでしょう。

仕事例②:教育系Webライター

次に紹介するのは教育系のWebライター。

英語学習やプログラミング、資格勉強などの方法や手順を紹介する記事を執筆します。

教育系は少なからず専門知識が必要となるため、あなたの得意分野を活かした記事執筆となります。

単価は0.5円〜1.5円程度。

難しいテーマであるほど単価が高い傾向にあります。

仕事例③:エンタメ系Webライター

3つ目はエンタメ系のWebライター。

芸能人のゴシップネタや漫画、ドラマ、アニメのレビューなどの仕事が該当します。

非常に簡単なため、誰でも執筆できるジャンルです。

ただしその分単価が安い傾向にあるので注意してください。

大体、1文字0.5円程度が相場です。

大金を稼ぐには難しいジャンルですが、初心者のトレーニングにおすすめ。

ある程度稼げるようになったらあなたの専門分野のライティングに舵を切るようにしましょう。

仕事例④:法律系Webライター

次は法律系のWebライターです。

ジャンルとしてはかなり難度が高く、資格(弁護士、行政書士、司法書士など)を持っていないと執筆が難しいジャンル。

ただしその分報酬は非常に高い傾向にあります。

文字単価が4円〜10円程度になることもあり、しっかり稼ぎたい人におすすめのジャンルです。

もしも資格を持っている、あるいは資格を取得予定の方は法律系Webライターを目指すのもありでしょう。

仕事例⑤:健康系Webライター

法律系に並んで高単価なのが健康系。

医師や薬剤師などの難関資格を持っている人にしか書けないジャンルですので、こちらも単価が高く、1文字5円程度まで報酬が上がることもあります。

ただし情報の正確性が重要となるため、執筆がかなり難しいので注意してください。

間違っても素人が手を出してはいけないジャンルです。

Webライターの収入ってどれくらい?初心者〜上級者の収入をそれぞれ説明します

Webライターの業務内容まで理解していただけた所で、今度は「Webライターって実際どれくらい稼げるの?」という観点からお話していきましょう。

初心者:月収数万円

まずはWebライターを始めたての初心者について。

初心者は月数万円程度が限界でしょう。

文字単価は0.5円程度が相場です。

1日2,000文字書けるとして、1日1,000円の報酬です。

月間休みなく働いても30,000円程度が限界。

メインの収入源にするには難しいですが、お小遣いなら十分なレベルでしょう。

副業Webライターを志すなら月数万円レベルをまず狙いましょう。

中級者:月収十数万円

中級者になると月収十数万円程度まで伸ばすことができます。

文字単価は1円〜2円です。

中級者なら1日3,000文字程度書けるようになると思います。

1文字2円まで単価を伸ばした場合、1日6,000円程度稼げるので、月間18万円程度の収入となります。

ライターの報酬だけでギリギリ生活できるレベルと言えるでしょう。

副業収入なら十分な額ですよね。

上級者:月収数十万円

中級者以上になるには専門分野が必要となってきますが、スキルを磨けば月収数十万円を狙うこともできます。

文字単価が4円、1日5,000文字は書けるとしましょう。

1日20,000円、月間60万円の報酬となります。

一般的なサラリーマンと同等かそれ以上の報酬ですよね。

Webライターは収入に上限がありませんから、スキルを磨けばがっつり稼ぐことも可能なのです。

結構、夢がある職業といえますよね。

Webライターに資格っているの?

Webライターが結構稼げることを説明しました。

ではどうすればWebライターになれるの?という疑問が出てきますよね。

特に気になるのが資格について。

Webライターには必要な資格があるのかどうかを説明していきます。

資格は必要ない!誰でもWebライターにはなれる

結論を先に言うと、Webライターに資格は必要ありません。

誰でもなることができます。

今すぐにWebライターを名乗ることが可能なため、非常に参入障壁が低いのがWebライターのメリットです。

ただし資格はあった方が報酬の高い仕事を受注できる!

ただし、なんらかの資格を持っている人の方が単価の高い仕事を受注できるのは事実。

例えば医師免許や弁護士の資格を持っている人は非常に高額な仕事を請け負えます。

Webライターは誰でもなれるけど稼げるかどうかはその人の資質次第ということ。

もしWebライターになってキャリアアップを狙いたい人は資格の取得も視野に入れることをおすすめします。

Webライターになるためには何をすればいい?

Webライターに資格は必要ないと説明しました。

では、具体的にWebライターになるためにはどうすればいいのか?という点についてご紹介していきます。

文章の基本を学ぶ

まずは文章の基本を勉強しましょう。

Webライティングの基本を押さえなければWebライターになることはできません。

例えば語尾を連続させない、結論を先に書く、指示語を使わないといったテクニックを勉強しておく必要があります。

おすすめの書籍は『新しい文章力の教室』『沈黙のWebライティング』の二冊です。

上記二冊の書籍に目を通せば基本的なWebライティングのスキルを身に着けることが可能。

ぜひご覧ください。

コピーライティングとは?基礎や独学勉強、ツイッター特訓のやり方ブログやアフィリエイト、情報発信をしていると度々目にする「コピーライティング」という言葉。 コピーライティングって普通に生活してい...

SEOの知識をつける

Webライティングのスキルが最重要ですが、SEOの知識もWebライターには重要です。

SEOとは検索エンジン最適化の略語で、執筆したコンテンツを検索結果の上位に表示するための施策のこと。

テクニックを抜粋すると、見出しにキーワードを入れたり、メタディスクリプションを設定したり、記事タイトルを工夫したりといったものが挙げられます。

SEOの知識は毎日更新されるものですので、日々勉強をするように心がけましょう。

読まれるブログの特徴とは?書き方のコツや簡単にできるSEO対策ブログ記事を書く時に文章の書き方で悩むことはありませんか? ブログは9割以上が文章で構成されているコンテンツである以上、文章のうま...

WordPressを扱えるようにする

またWebサイトの多くに使われているWordPressの使い方にも慣れるとより効率的に稼げるようになります。

文字装飾や画像の挿入など基本的な操作がわかるとクライアントから重宝されるライターになることができるのでおすすめ。

練習としてWordPressブログを個人的に利用するのがいいでしょう。

【初心者向け】WordPressブログ開設って費用かかるの?無料ブログとの違いを解説ブログで収益を上げたいとお思いではありませんか? 昨今、副業が流行りつつあり、その中でも選択肢に上がりやすい副業がブログですよね。...

HTMLの知識を最低限つける

WordPressの知識と共に、HTMLの知識を最低限つけておくことも重要です。

WordPressのテキストエディタを自由に活用できるようにしておくと、直接入稿の仕事を受注できますので仕事の幅が広がります。

あまり難しい操作の必要はありません。

簡単なタグ打ちができればそれで十分です。

あれば専門分野を極める

Webライターは専門分野が重要です。

資格や知識がある分野は高額な報酬を狙えますので、ライターのスキルアップと並行して専門分野を磨きましょう。

例えばガジェットに詳しい人ならより詳細にガジェットを紹介できるように、各種数値の意味を調べたり、実際に商品を見に行ったりして知識をつけていってください。

知識が武器になる仕事なので、日々自分磨きを忘れないようにしましょう。

Webライター未経験者が稼げるようになるまでのステップ!

Webライターの勉強について説明してきました。

最後にWebライター未経験者が稼げるようになるための具体的な手順をご紹介したいと思います。

まずは勉強をする

まずは先ほど紹介した手順でスキルを磨きましょう。

最初は本を読んで、その後WordPressやSEO、HTMLの勉強をしてください。

ある程度知識がついたなと思ったら早速執筆のステップです。

クラウドソーシングサイトのタスクに応募する

まずはクラウドソーシングサイトのタスクに応募しましょう。

タスクは質より量を重要視する仕事です。

アンケート回答やレビューの執筆といった簡単なライティングの仕事がほとんど。

1件数百円の報酬ですが、ライティングに慣れるためにタスクをガツガツ消化していきましょう。

タスクになれたらプロジェクトに挑戦する

タスクで困ることがなくなってきたらプロジェクトに応募してみてください。

プロジェクトはクライアントと契約を結んで執筆するタイプの仕事です。

タスクに比べて仕事の難度が上がる代わりに報酬も高くなります。

初心者〜中級者はプロジェクトで稼ぐのが基本です。

プロジェクトである程度稼げるようになったら、直接企業にライター提案してみる

プロジェクトにも慣れ、月数万円〜十数万円稼げるようになったらライターとしてある程度成長したと考えてもらって大丈夫です。

次は企業との直接契約を狙いましょう。

というのもクラウドソーシングは手数料が非常に高く、稼ぐには効率が悪いから。

ライターを募集している企業のHPからライターとして応募しましょう。

最初は当然断られますが、何件も応募していくとそのうち採用されることもありますよ。

企業と直契約を結ぶ

企業との直接契約ができたら、ライターとして一人前です。

手数料も取られないので報酬が丸々あなたの手元に入ってきます。

一気に報酬が増えますので満足感も高いでしょう。

企業に単価交渉をして単価を上げていく

そして企業での仕事にも慣れたら今度は単価交渉をしていってください。

最初は2円の契約だったところを3円にしてもらうなどといった交渉です。

最初は気が引けるかもしれませんが、あなたが必要なライターなら交渉はすんなり通るはず。

スキルが極まってきたと思ったら単価交渉を恐れず行いましょう。

単価交渉が成功する段階まできたらライターとしては上級者です。

もうライター一本で生計を立てることも可能ですので、独立も視野に入れてみてください。

副業Webライターから始めて最終的には独立を目指そう!

以上、副業Webライターについて網羅的に解説してきました。

結論をおさらいするとWebライターは誰でもなれます。

資格は必要ありません。

ただし専門分野・資格があるとより高額な仕事を任せてもらえますので、余裕があれば勉強して資格を取得しましょう。

そしてWebライターは月収数十万円も狙うことができる仕事です。

サラリーマンに嫌気が差している人はぜひ副業Webライターを志してみてください。

うまくいけば脱サラ、独立も可能ですよ。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫