本のレビュー

『破天荒フェニックス』は実話なの?本のあらすじや感想 書評まとめ

自分だけの収入源を手に入れませんか?

・独自コンテンツで月収300万
・自宅や旅先でも自動で売れる仕組み
・1日3時間のワークスタイル

その秘密を今だけ無料公開しています!
期間限定ですのでお早めにお受け取りくださいね!
↓ ↓ ↓


こんにちは! ユウです。


これは本当に現実の出来事なのだろうか。

作られたドラマを並べて大袈裟に書いているだけではないのか。

次から次へと起こるアクシデントと、安定という言葉とは無縁な選択の数々。

誰が現実の出来事と信じるというのか。

作中の比喩に何度も出てくる、会社を船に例えた表現は、会社の現状とともに社長自身の心境も表しています。

大船に乗ったつもりで」「穴の開いた船」「傾きかけた沈没船」。

要所要所で出てくるその船の行方は、誰にわかるはずもなく行先を変える。

嵐とわかっていても、荒波だとわかっていても、その先に目指す目的地があるのならば遠回りはしない。

嵐が過ぎるのを待つこともしない。

ただ真っ直ぐに突き進む。

舵を切る船長にはたくさんの有能な船員がいました。

ときには励まし、ときには厳しく船長へ意見する者もいた。

船長がどんなに無謀と思える方向に舵を切っても、最後には船長についていく。

まるで昔々のおとぎ話の船長みたいです。

資金繰りという名の数々の試練、仲間と思っていた人物からの裏切り、そして大震災。

普通に見れば精神的に追い詰められて壊れてしまってもおかしくないほどの出来事がたくさん起きているにもかかわらず、決してあきらめない。

そして、最後の最後に救う人物が現れる。

神は彼を見放さなかった、と表現するにはあまりにも陳腐だがそう言わざるを得ない。

きっとこれからの時代を大きく動かす役目があるのだろう、そうとしか思えないほど天は彼に味方する。

神様が存在するのならば、きっと彼のこれからを見届けたいに違いない。

凄いのは攻めの姿勢を崩さないことだけではない。

一つ一つの出来事からしっかり学びを得ていることです。

闇雲に切り抜けているだけではない、人間としての成長が必ずそこにあったように思います。

無茶苦茶に見える状況でも切り抜けて、どん底から何度でも立ち上がる姿を社員たちは「破天荒フェニックス」と呼ぶそうです。

何度でも蘇る、不死の鳥。

破天荒フェニックス」と呼ばれることに「ダセーな」と笑う中にも社員への愛情が感じられてしまうのは、読み終えた人にしかわからない感情かもしれません。

数々の試練の度に、自身のプライドが砕け散ろうともかけがえのない仲間を守ろうと奮闘してきたその姿は、誰よりもダサくて人間臭い、誰よりも人間愛に溢れた姿に見えてしまうは私だけではないでしょう。

そんな姿を近くで見守っている社員の方の気苦労は計り知れませんが、同時にたくさんの愛情も受け取り、注がれているのだろうと思うと、昨今の会社離れの風潮に反して、会社組織という形が羨ましく思えてきました。

きっとこの人物はこれからも高く遠くへ翔けていくに違いない、根拠のない確信だけが読み終えた後に残っています。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫