本のレビュー

落合陽一著の本でおすすめ!『日本再興戦略』の書評と感想!要約まとめ

自分だけの収入源を手に入れませんか?

・独自コンテンツで月収300万
・自宅や旅先でも自動で売れる仕組み
・1日3時間のワークスタイル

その秘密を今だけ無料公開しています!
期間限定ですのでお早めにお受け取りくださいね!
↓ ↓ ↓


こんにちは! ユウです。


日本再興戦略」は、30代でありながら「現代の魔法使い」とも呼ばれる実業家であり、研究者である落合陽一さんの著書で、編集はベストセラーを連発する箕輪厚介さんが担当しているベストセラー本です。

少子高齢化、人口減少といった大きな変化を迎えつつある日本が、世界の中で再興するための戦略が述べられています。

世界と日本

まず本書は日本の原点を見直すことから始まります。

近代化以降、欧米を模範としてきた日本ですが、そもそも欧米と日本では思想と文化に大きな違いがあります。

ですから本当に「日本に向いているもの」を見極めなければいけないということが述べられているのです。

日本再興の第一歩は、欧米という幻想を払拭することから始まるのです。

日本には地方自治スタイルや士農工商というカースト制度も向いていて、これからの日本には「柔軟性のあるカースト」が必要だとも語られています。

つまり、市場での希少価値が高ければ高いほど、社会の中での重要性が高まる、ということです。

ちなみに大化の改新や徳川政権といった日本史を振り返っていく過程も、とても面白いので注目です。

なお、日本の再興のためにはブロックチェーン・オブ・エブリシングという考え方が重要とのことです。

これからの日本

そして日本の向かうべき姿、今後の日本がどう発展していくのかということが語られながらも、「個人がどうすべきか」という姿が提示されているのもポイント。

世界や日本といった大きなテーマから、いち日本人がどうあるべきかという姿まで落とし込んでくれるので、説得力があります。

ざっくり言えば「今やるべきことをやる」ことが大事だと述べられているのですが、これも本書を読み進めていくうちに、すんなり腑に落ちるはず。

スケールの大きな本でありながらも、読者の人生の指針まで見えるというのはさすがの一言です。

巷に溢れているビジネス書のように、小手先のテクニックを教えるのではなく、世界という大きな尺度から語られる本書は、読み物としても大変面白いです。

感想・レビューまとめ

日本再興戦略」という、一見取っ付きにくいタイトルでありながら、スラスラと読める一冊。

これからの時代をよりよく生きていくためのヒントが満載です。

たくさんの情報が溢れる現代において、大切にしたいと思える言葉がたくさん出てきますので、ぜひ読んでみてください。

今をときめく落合陽一さんの思考に触れるという点においても、大きな意味を持つ本だと思います。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫