本のレビュー

革命のファンファーレの要約や評価!累計部数50万部突破の西野亮廣著

自分だけの収入源を手に入れませんか?

・独自コンテンツで月収300万
・自宅や旅先でも自動で売れる仕組み
・1日3時間のワークスタイル

その秘密を今だけ無料公開しています!
期間限定ですのでお早めにお受け取りくださいね!
↓ ↓ ↓


こんにちは! ユウです。


革命」と聞いたら何を想像するでしょうか。

物事が大きく変わる、時代が変わる、生き方が変わるなどなど。

歴史を振り返ってみてそのことが革命的だったと気づくことはあっても、自ら革命を起こそうとして成し得るものなのでしょうか。

日々ばらまかれているネガティブなニュースに、漠然と不安を抱えている人は少なくないと思う。

自分の未来は大丈夫なのか。

家族の未来に希望はあるのか。

不安を煽るのだけがマスメディアの仕事ではないと思う。

たくさんの人に伝わるからこそ、たくさんの人に希望も届けられるはずだ、と。

そのマスメディアを利用する方法があるなら、誰にでも出来るとしたら。

そのカラクリを知ることが出来るのか。

必要なのは「情報」だと彼は言います。

1歩踏み出すために必要なのは、「勇気」ではなく「情報」である、と。

彼の戦略は素晴らしく、ことごとく過去の記録の数字を塗り替え、成功しかしていないように見えますが、実は陰で失敗と呼ぶ出来事もちゃんと存在しています。

それを分析して、感情論は排除して情報分析に徹して確実に次へのステップに結び付ける頭脳がある。

算数が得意でオセロなら負けないと自賛しています。

私とは使っている脳ミソの部署が違う人間だとこの本でよくわかりました。

違いすぎて憧れの気持ちも湧かず、ただただ凄いなと感じる彼の戦略的行動の数々です。

それでも真似できる部分があるとすれば、「情報」を集めるということかもしれません。

これから行動する人にも言えることでしょうが、「勇気」だけで進むことは無謀で、「情報収集」が必要だと彼は言います。

インターネットという瞬時に世界と繋がるメディアがあるこの時代の戦略には、この時代のやり方がある。

今までのやり方はすべて捨ててしまう必要がある、と。

時代はもう大きな変化の波の中にいる。

革命」が必要なのは、時代の変化に飲み込まれないための自分自身の内側なのではないでしょうか。

彼が成してきたことがセンセーショナルであるのは言うまでもなく、その出来事を他人事と捉えるか、自分事と捉えられるか。

そのための「情報」を彼は惜しみなく垂れ流してくれている。

受け取るも受け取らないも自分次第だが、大きな波を楽しむためには「情報」をうまく使った方がより楽しめるのではないだろうか。

自分を何らかの形で売り出したい人も、そんな予定がない人も、今ある「情報」を手に入れておいても決して無駄にはならないと思います。

今は必要なくとも。

今の自分がどんな状況でも、未来の自分が「大丈夫」と待ってくれている気がする。

この本から「勇気」を受け取った人もいるだろう。

焦らなくてもいい、自分のタイミングで、「革命」を起こそうではないか。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫