副業から始めよう

個人ビジネスで稼ぐ方法!初心者おすすめの種類や始め方を教えます

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

個人ビジネス」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

現代日本では働き方が多様になり、個人でビジネスをすることも容易になりました。

そして個人ビジネスにはサラリーマンにはない自由を手に入れることができるのです。

そこで当記事では個人ビジネスの詳細と、個人ビジネスで得られる自由について説明していきます。

ぜひ参考にしていただいて個人ビジネスに挑戦してみてくださいね。

個人ビジネスとは?


まずは個人ビジネスとは何か?という点から解説していきましょう。

個人ビジネスとは文字通り個人で行うビジネスです。

上司もいなければ、同僚もいませんし後輩もいません。

全て1人で完結するのが個人ビジネス。

個人ビジネスは主にインターネットを利用したものになります。

というのもインターネットを利用すれば1人でも大きなビジネスをすることが可能だからです。

例えば、商品を仕入れて販売する物販ビジネスをするとしましょう。

インターネットがない時代では直接買い付けをして、店頭に立って商品を売る必要がありました。

これでは1人でするには大変すぎます。

しかしインターネットを利用すればこの問題は解決します。

インターネットを利用してオンラインで買い付け、仕入れを行い、ネットショップを利用して販売をすれば1人でも物販ビジネスをすることが可能です。

上記のようにインターネットの発達のおかげで1人でビジネスができるようになったということです。

個人ビジネスの4つのメリットとデメリット


ただここまでの説明ですと個人ビジネスの利点がわかりにくいですよね。

そこで次は個人ビジネスのメリットとデメリットについて解説をしていきます。

個人ビジネスの4つのメリット

個人ビジネスのメリットは下記の4点です。

・人間関係に悩まされることがない
・自由なビジネスプランで仕事ができる
・発生する報酬を1人占めできる
・労働時間を自由に決められる

1つずつ説明していきましょう。

人間関係に悩まされることがない

人間関係に悩まされないというのが個人ビジネス最大のメリットです。

個人ビジネスは先ほども説明したように個人で行うため、同僚も上司も存在しません。

そのため煩わしい人間関係や飲み会から解放されるのです。

常に自分の利益にだけ意識を向けることが可能ということ。

もしもあなたが人間関係で悩まれているのであれば個人ビジネスを心からおすすめしたいところです。

自由なビジネスプランで仕事ができる

次のメリットは自由なビジネスプランで仕事ができるという点。

会社に勤めている場合、個人の意思よりも会社の意思が尊重されます。

そのため自由に働くことはまず無理でしょう。

上からの命令に従って働くしかありませんよね。

しかし個人ビジネスの場合は話が別です。

自由なビジネスプランで仕事をすることが可能。

なぜなら命令をしてくる上司がいないからです。

個人ビジネスはあなた1人で完結するビジネスモデルですので、あなたがやりたいと思うことだけすればそれで十分。

やりたい仕事だけすれば良いのであればモチベーションも維持できますし、なにより働いていて楽しいはずです。

楽しみながらストレスの少ないビジネスをできるのが個人ビジネスということ。

発生する報酬を1人占めできる

発生する報酬を1人占めできるのも大きなメリットです。

普通のビジネス(サラリーマン)では会社の利益が優先されます。

そのためあなたがどれだけ業績を上げても支払われる報酬は一定です。

しかし個人ビジネスでは報酬は全てあなたのもの。稼げば稼ぐほどにあなたの報酬が増えていくのです。

努力が直接報酬につながればモチベーションも維持できますよね。

報酬を1人占めできることから、転じて高いやる気を持った状態で仕事ができるのが個人ビジネスです。

会社が絶対教えない!サラリーマンでは生涯稼げない5つの理由とは?「あなたは今のお給料に満足していますか?」 ある調査では、20代の会社員の約50パーセントは満足できない、不満があるという調査結果...

労働時間を自由に決められる

4つ目のメリットは労働時間を自由に決められるという点。

個人ビジネスではあなたの裁量で仕事量、労働時間を決められます。

その結果、昼まで寝て仕事を始めるでも構いませんし、朝早くに仕事を始めて昼下がりには仕事を終えるなんてスタイルでも大丈夫です。

とにかく時間的に融通が効くため、ストレスなく働けるのが個人ビジネス。

サラリーマンでは考えられませんよね。

個人ビジネスは仕事量をうまく調整すれば休みも自由に取れます。

家族と旅行にいったり、平日に美容院にいったりすることも可能なのです。

労働時間を自由にコントロールできるのがメリットということ。

個人ビジネスの4つのデメリット

一方個人ビジネスのデメリットは下記4点。

・責任を全て自分で負わなければならない
・セルフコントロールができなければ稼げない
・報酬が安定しない
・相談できる人が少なくなる

順をおって説明していきましょう。

責任を全て自分で負わなければならない

個人ビジネスでは責任を全て自分1人で負わなければなりません。

1人でするビジネスである以上、成功も失敗も全て自己責任です。

もし失敗して大きな借金を背負う可能性もあるということ。

しかし「責任」についてはビジネスの仕方を工夫することである程度軽減することが可能です。

例えばノウハウ販売やブログアフィリエイト、Webライティングなど元手をほとんど必要としないビジネスを選択することで、リスクの回避ができます。

なるべく元手のかからないビジネススタイルを選ぶことが大切です。

セルフコントロールができなければ稼げない

次のデメリットはセルフコントロールの必要があるという点。

個人ビジネスは全て自分1人で仕事を進めていかなければなりません。

その結果、自分を律する能力がないと仕事がうまく進まず、稼げないという状況になりがちなのです。

会社で働くサラリーマンの場合、業務のスケジューリングはあらかじめされているため、与えられた仕事をこなしていくだけで十分です。

しかし個人ビジネスはそうはいきません。

自分で綿密なスケジューリングをして、コツコツ仕事を消化していく必要があります。

セルフコントロールができない人には個人ビジネスはおすすめできないということ。

成功者には共通点があった?習慣や考え方が一流の人がやっていること成功者と言われてパッと思いつく人はどんな人でしょうか? ビルゲイツ、スティーブ・ジョブズ、ジェフ・ベゾスなど現代のITビジネスを創...

報酬が安定しない

3つ目のデメリットは報酬が安定しないという点です。

個人ビジネスはサラリーマンのように固定給をもらえることはほとんどありません。

働いた分だけ報酬が出る歩合制であることが多いですよね。

そのため怠けてしまった月は報酬が少なくなることになります。

セルフコントロールの面でもお話しましたが、働かないと報酬をもらえない個人ビジネスは報酬が安定しにくいのです。

報酬を安定させるためにはノウハウ販売でもブログアフィリエイトでも「稼ぐ仕組み」を作ることが重要。

稼ぐ仕組みとは放置でも報酬が入ってくる状態のことです。

例えばブログを構築し、商品販売を自動化することで稼ぐ仕組みを手に入れることができます。

仕組みを作るのは大変ですが、一度作ってしまえばあとは放置でも報酬が入ってきますので、個人ビジネスをするのであれば仕組み化を取り入れましょう。

ネットビジネスを自動化で稼ぐ方法!自動収入の仕組みを教えます「ネットビジネスを自動化して収益を得る」 といきなり言われてもピンとこないかと思います。 ですがビジネスをやるなら最終的には...

相談できる人が少なくなる

相談できる人が少なくなるのも大きなデメリットです。

個人ビジネスは同僚・上司がいません。

そのため、仕事の悩みを解決するための相談ができる人が少ないのです。

個人ビジネスの致命的な弱点ですね。

しかしこのデメリットは個人ビジネスの仲間を作ることで解決できます。

同じような立場の仲間を見つけて、交流をすれば相談できる人がいないというデメリットを打ち消すことができるのです。要は工夫次第ということ。

個人ビジネスをするのであればリスクを軽減し、相談できる仲間を見つけてモチベーションを維持するようにしましょう。

...

個人ビジネスで得られる4つの自由とは?


さて本題の個人ビジネスで得られる自由について説明していきましょう。

下記4つの自由を個人ビジネスで手に入れることが可能です。

・場所の自由
・時間の自由
・人間関係の自由
・金銭的な自由

場所の自由

場所の自由」とは働く場所に縛られないということ。

個人ビジネスの中でインターネットを利用するものを選べば、オフィスに出勤する必要のない「ノマド」のスタイルになることも可能です。

場所に縛られず、自宅でもカフェでも旅行先でも仕事できるのが個人ビジネスの最大の自由といえるでしょう。

もちろん満員電車に揺られたり、オフィスで残業をしたりする必要がなくなるのです。

非常に魅力的ではないでしょうか。

都心に住む必要もなくなるので、静かな田舎でひっそりと稼ぐことも可能です。

上記の場所に縛られないのが個人ビジネス最大のメリット。

田舎暮らしは仕事がない?資格不要でネットで稼ぐ方法を教えます!「田舎暮らしは仕事がないから稼げないよ」 「お金を稼ぐには都会に出なきゃダメだよ」 そう言われていたのをご存知でしょうか? ...

時間の自由

次に紹介するのは時間の自由。時間の自由とは働く時間を自分で決められるということ。

個人ビジネスでは自分1人で働くため、労働時間をある程度自由に設定できるのです。

昼まで眠ることも、休みを自由にとることもできます。

個人ビジネスは自分1人のビジネスですので、睡眠時間・休暇を自由に取れるということ。

サラリーマンでは絶対に手に入らない自由ですよね。

もちろんボーナスがなかったり有給休暇がなかったりとデメリットもあるのですが、それ以上のメリットがあるといえるでしょう。

人間関係の自由

人間関係の自由も重要なポイントです。

先ほど説明しましたが、個人ビジネスには人間関係の問題がほとんど発生しません。

そのため煩わしい上司や同僚との関係、パワハラ、飲み会なども存在しないのです。

自分1人でストレスなく働けるのが個人ビジネスの自由。

ブラック企業に勤めて、精神的に病んでしまい自殺を考える人もいるなか、個人ビジネスではそういった危険性はほぼありません。

少なくとも精神的に病んでしまうことは少ないでしょう。

人間関係の自由は精神的な自由を手に入れられるということでもあります。

もし仕事で精神的に負荷・ストレスを感じているのであれば個人ビジネスを検討してみてくださいね。

金銭的な自由

4つ目に紹介する自由は金銭的な自由です。

個人ビジネスは働いた分だけ報酬が増えます。

ボーナスはありませんが、それでも歩合制で報酬が増えることにメリットがあります。

サラリーマンはいくら働いても収入が大幅に増えることはありませんよね。

せいぜい残業代がつくくらいでしょう。

しかし個人ビジネスは全ての報酬があなたの働き次第です。

もちろんたくさん働かなければ報酬は少ないままですが、労働をしっかりすると収入は青天井で増えていきます。

さらに先ほど説明した利益の自動化も組み込めば報酬はどんどん増えるでしょう。

このように報酬が工夫次第で増加し、金銭的余裕が生まれるのが個人ビジネスです。

個人ビジネスは「場所」「時間」「人間関係」「金銭」の自由を手に入れられます。

より幸福な人生を送りたいのであれば個人ビジネスに挑戦しましょう。

ネットビジネス初心者でも月収100万稼ぐ!コンサルタントビジネスとは?今回はネットビジネス初心者の方でも大きく稼ぐことができる、「コンサルタントビジネス」についてご紹介いたします。 ネットビジネスの中...

個人ビジネスの種類の中でもおすすめはコレ!


個人ビジネスをメリットをご紹介してきましたが、ここからは副業としてでもできるおすすめのビジネスを説明していきます。

おすすめのビジネスは「情報発信ビジネス」です。

情報発信ビジネスの概要

情報発信ビジネスとはあなたが持つノウハウの情報を発信し、利益を得るというビジネスモデル。

多くの場合、ブログを始めとしたWebサイトを利用して情報発信を行い、ファンができたらそのファンに商品を販売するというのが情報発信ビジネスです。

情報発信ビジネスの利点

情報発信ビジネスの利点について説明していきましょう。

経費がほとんどかからない

まずは経費がほとんどかからないという点です。

情報発信ビジネスは集客も商品も情報を利用して行います。

情報は仕入れるのにお金がかかりませんよね。

そのため、経費をほぼゼロ円でビジネスを展開することが可能なのです。

経費がかからないということは赤字になる可能性が限りなく低いということでもあります。

ビジネス初心者が陥る失敗として、赤字になってビジネスを進めることができなくなることが多々ありますが、情報発信ビジネスではそういった失敗をすることがありません。

また初期投資が必要ないというのも利点です。

ブログを利用した情報発信ビジネスではサーバー代で年間1万円、ドメイン代で年間1000円程度の出費でビジネスを進めることが可能。

ここまで初期投資が少ないビジネスは他にありません。

お金はないけどビジネスをしたい、そういう方におすすめできるのが情報発信ビジネスです。

仕組みを作れば収入の自動化ができる

また情報発信ビジネスは仕組み化すれば収入の自動化が可能というのも利点です。

仕組み化とは、情報発信と商品販売を自動化すること。

例えばブログを外注化して記事をライターさんに書かせ、自分がすることは校閲とアップロードだけにします。

そして商品も一度作ったら自動で販売できる状態にするとしましょう。

上記のように仕組み化すればあなたがすることは非常に少なく、情報の確認と商品のアップデートだけです。

つまり寝ててもお金がある程度入ってくる状態にできるというわけ。

情報発信ビジネスは経費がかからない上に、収入の自動化ができるという点で魅力的なのです。

ファンがつくと安定報酬を得られる

3つ目の利点はファンがつくと安定報酬を得られるということ。

情報発信ビジネスを続けているとファンを獲得することができます。

ファンとは「あなたが紹介した商品なら購入する人」です。

ファンが一度つくと、あなたが商品を紹介する度に商品を買ってくれるので、安定した報酬を得られます。

情報発信ビジネスは高額報酬だけでなく安定報酬も得られるのがメリットということ。

もしも情報発信ビジネスをするのであればファンを獲得するために誠実かつ有益な情報発信を心がけましょう。

情報発信ビジネスのやり方

簡単に情報発信ビジネスのやり方についても触れておきます。

メディアを作る

情報発信ビジネスをするのであればまずはメディアを作るところから始めましょう。

メディアとはブログを始めとしたWebサイトであったり、TwitterやInstagramなどのSNSであったりします。

とにかく情報を発信できる媒体ならなんでも構いません。

ただ可能であれば、あなたの発信したい情報と相性のいいメディアを選択しましょう。

例えば薄毛治療の情報発信をするなら年齢層の高いFacebookとブログを併用したり、ファッションの情報発信をするならInstagramとブログを利用したりといった具合です。

ブログはどの情報発信とも相性がいいので必ず実施するようにしましょう。

メディアを作って情報発信を続けていればじわじわとファンがついてきます。

ファンができればあとは商品を作るだけです。

商品を作る

ファンのニーズに応える商品を作っていきましょう。

このとき、商品は情報をまとめたノウハウがおすすめです。

もちろん形のある物を売る物販でも構いませんが、物販は初期投資と在庫を抱えるというリスクを取らなければなりません。

できる限りリスクを避けたいのであれば情報を商品とするようにしましょう。

その際、商品を販売する方法はステップメールを利用したコンテンツ販売がおすすめです。

ステップメールとはあらかじめ作成したメールを順番に自動配信する仕組みで、読者に効率よく商品の売り込みができるというもの。

ステップメールを組み合わせることで収入の自動化に持っていくことが可能です。

フィードバックを受けてメディアと商品を最適化する

最後のステップとして商品を買ってくれたお客さんからフィードバックを得ましょう。

フィードバックとは感想であったり、指摘です。

商品のよくないところを常に受け入れ、改善していくことで商品の完成度が高まっていきます

最初は指摘や批判が多い商品でもフィードバックを繰り返すうちに完璧な商品に近づいていくでしょう。

そうなれば商品を販売する仕組みを自動化し、ほぼ不労所得の状態になります

不労所得の状態にもっていければ先ほど説明した「場所」「時間」「人間関係」「金銭」の自由を手に入れられます。

個人ビジネスで場所や時間に縛られない自由を手に入れよう!


以上、個人ビジネスで手に入れられる自由についてのお話でした。

個人ビジネスをすることで「場所」「時間」「人間関係」「金銭」の自由を手に入れることが可能です。

上記4つの自由を手に入れられれば、もう人生で困ることはないでしょう。

また個人ビジネスをするのであれば情報発信ビジネスがおすすめです。

情報発信ビジネスは収入の自動化が可能ですので、上記4つの自由を手に入れやすいといえます。

個人ビジネスを検討されているなら、ぜひ情報発信ビジネスに挑戦してみてください。

より自由な毎日を送ることが可能ですので。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫