成功者のマインド

成功者には共通点があった?習慣や考え方が一流の人がやっていること

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

成功者と言われてパッと思いつく人はどんな人でしょうか?

ビルゲイツ、スティーブ・ジョブズ、ジェフ・ベゾスなど現代のITビジネスを創ったような海外起業家たちでしょうか。

松下幸之助、孫正義、柳井正といった日本の一流経営者たちでしょうか。

中田英寿、本田圭佑、クリスチアーノ・ロナウドといった超一流のアスリートでしょうか。

人それぞれ、成功者に持つイメージは違いますが、成功者の共通点は、お金持ちということでもあります。

世の中で、社会で認められて成功するわけですから、自然とお金もついてきます。

知名度の高い人ばかりでなく、メディアに露出することがないような成功者もたくさんいます。

例えば、あなたの地元で有名な成功者や、成り上がっていった知人友人先輩などです。

メディアに露出して知名度の高い成功者の多くは、自伝やエッセイを出版しており、書店に並ぶのをよく見かけます。

毎年毎年、色んなタイプ、そしてたくさんの成功者が誕生しては本を出版していますが、あれは本人たちが進んで自ら本を書いているわけではないでしょう。

出版業界からオファーが殺到し依頼されて執筆するケースがほとんど。

なぜなら、成功者の自伝やエッセイは売れるからです。

それほど、成功者の考え方や生き方、行動にみんな興味があるということ。

言い換えれば、みんな成功者から学び、自分も成功者になりたいということです。

成功者たちの共通点とは?


成功者には色んな人がいます。

両親ともに資産家で、幼少期から英才教育を受け、一流大学を卒業すると同時に経営者として関連企業に入社し、スキル、人脈などを学び、豊富な資産をもって新たに会社を設立して社長に就任するような、いわゆるエリートタイプ。

スラム街で育ち、まともな教育を受けることなく中学卒業と同時に働き始め、人並外れた行動力とスタミナで成り上がり、IT企業の社長になって年商数百億稼ぐような人。

はたまた、ごくごく普通の一般家庭に育ち、公立の学校を経て一般企業に就職し、淡々と出世していって社長にまで上り詰め、自身で起業してさらに大きな会社を経営できるまでになる人。

大きく分けるとこのようなタイプ分けになりますが、実際には、まだまだたくさんのバックボーンを持った成功者たちが存在します。

つまり、生きてきた環境に共通点はなくても、成功している人は成功しているということです。

アスリートとして世界的名声と資産を手に入れた人、元芸人から年商数億円のマーケッターになった人、生まれながらのエリート、普通の家庭で普通に育ち普通じゃない資産と地位を手に入れた人。

このような色々なタイプの成功者の共通点はなんでしょう。

それは、彼ら成功者が執筆した自伝やエッセイを読んでいくことでわかりました。

成功者の共通点①みんな朝早起き


まずはじめの成功者の共通点は、みんな早起きということです。

時間帯は日が昇る前がほとんどで、朝の5時前後には起床して活動を開始しています。

起きてからやることは、みんなバラバラで、一時間ほど散歩して帰り道にコーヒーショップで朝ご飯を食べる人。

スグに仕事に取り掛かり、お昼までには一日の仕事を終わらせてしまう人。

部屋の掃除をして、朝ご飯をしっかりと食べ、誰より早く会社に行き、会社の掃除までする人。

サーフィンやロードバイクでしっかりと運動する人。

とにかく、やることは違っています。

共通点は、体を動かすか、頭を動かすか、その両方共を動かしているか。

早起きして、ぼぉーっとしている人はいません。

会社員をしていたり、専業主婦をしていると朝はとにかくギリギリまで寝ていたいもの。

休みの日ともなれば尚更そうですが、成功者たちは、休みの日でも関係なく必ず早起きです。

確かに、考えてみれば早起きの利点はたくさんあります。

  • 起床してすぐはアドレナリンやドーパミンのなどの分泌量が増えるので、頭が冴える
  • 外が静かで集中しやすい
  • 電話やメールがくることがないので邪魔が入らない
  • 朝早いので夜すぐ眠れる

例えば、毎朝今までより一時間早起きしたとして、その一時間を新たなスキルの学習に充てれば、一年で365時間の学習時間を確保できます。

成功者たちの共通点は意外にも、身近な習慣の中にあるようです。

成功者へ近づくために、早起きの習慣を身に着けていきましょう。

成功者の共通点②読書とアウトプット


成功者の共通点の二つ目は、とにかく本を読むことです。

読書が趣味で毎日のように本を読んでいるけど、年収は一般人なんて人もたくさんいます。

成功者が年間何千冊もの、とても一般人では及ばない量の読書をしているかというと、そうでもありません。

趣味が読書という人たちと変わらないか、それ以下の量です。

しかし、成功者たちは本を読むことで取り入れた情報、知識、考え方、思想などをアウトプットします。

読書によるインプットとアウトプットのバランスが非常に優れているのです。

アウトプットしやすいような、経済関連の本やデータサイエンスの参考書を読んでいるというわけではありません。

小説を読んだり、哲学、文化、思想といったように、およそビジネスに直接リンクしないようなジャンルのものでも彼ら成功者はアウトプットします。

読書の利点は、新たな知識、考え方、物事の見方を得られること。

もちろん他にもたくさんの利点があるからこそ、IT全盛の現代においても決してなくなることはありません。

読書から得られる利点の最大活用法は、インプットした情報をアウトプットすることで、より理解を深め、価値を生み出していくということを成功者は知っているようです。

誰もが認める成功者ビルゲイツは、年間50冊、週に約一冊の本を読むそうですが、そのジャンルは、ノンフィクション小説、公衆衛生、疾病、エンジニアリング、ビジネス、科学と多岐にわたっています。

Facebookを創ったマークザッカーバーグは、2週間に一冊の本を読み、異文化、信仰、歴史、テクノロジーといったジャンルを好んで読むようです。

彼はこのように語っています。

「本を読むことで、我々は1つのテーマを十分に追求し、深く没頭することができる。今のどのメディアもかなわない」

現代のウェブメディアの主流であるSNSを生み出した天才をもってして、読書を超えるものはないと断言しています。

それほどに、読書にはあらゆる利点があり、その一部だけでも私たちの市場価値を高めることができる要因を含んでいます。

また、成功者たちが何百冊もの本を読むことではなく、インプットした情報をアウトプットすることに注力している点も真似しましょう。

読書はアウトプットまでワンセットにすることで、成功するための習慣へと昇華します。

成功者の共通点③継続を習慣にできる


継続は力なり、ということわざがあるように、一貫性のある行動を持続するというのは何事においても大事を成すときのポイントと言えるでしょう。

特に、社会に出て仕事をしていくと、継続のむずかしさと凄さの両方を実感する機会が増えます。

成功者たちは、この継続する力がずば抜けいて、とても一般人には真似できない忍耐と我慢強さと根性が兼ね備わっているかというと、そんな悲壮感はありません。

しかし、現実問題、一般人にはできないようなことを成し遂げるから成功者と呼ばれるのであって、運や才能だけで成功者になるのは稀なことです。

私たち一般人も継続した努力を続けることで、成功体験を得ることはできます。

例えば、不動産会社に勤務しているA子さんが、キャリアアップを目指して宅建士の国家資格試験にチャレンジしたとします。

毎日仕事が終わってから、自宅で一時間、休みの日はスクールに通って8時間の学習を一年間続け、受験するも不合格。

それでも、あきらめず、もう一年間継続した学習を続け、二年目にして晴れて合格。

資格手当でお給料がベースアップし、今までできなかった新しい仕事にチャレンジできるようになる。

とてもすごいことですし、十分な成功だと言える例です。

そしておそらく、A子さんは宅建試験に合格して給料があがり、キャリアップしてより専門的な不動産関連の仕事していくだけでしょう。

なぜなら、A子さんにとって宅建試験の受験勉強は苦痛だったからです。

合格して資格を取得してしまえば、もう参考書を開いて勉強することはありません。

継続した努力というのは、それだけ辛いことであり、苦痛を伴うネガティブな印象も持っています。

しかし、世の中の成功者たちは違います。

成功者たちは継続して行う努力を、習慣化してしまいます。

朝起きて歯を磨く、寝る前にお風呂に入る、朝ご飯はトーストを食べる、これらは習慣であり、やって当たり前、当たり前すぎてやらないと気持ち悪さすら覚えます。

成功者たちは、このレベルになるまで、その努力を繰り返し、継続を習慣の一部に変えてしまいます。

100回やってもダメなら1000回、それでもダメなら2000回と徹底的に繰り返し、努力しているという感覚すらなくすのです。

習慣化された一貫性のある行為は、継続や努力といった辛いものではなく、ごくごく自然な普通の生活の営みの一部です。

だから、プロフェッショナルと呼ばれるスキルを持ったとしても、向上し続け、プロフェッショナルの中でも一流の人間になっていくのです。

どんな業界であれ、プロフェッショナルになる為に努力するのは当たり前で、その中で、頭一つ抜き出る一流の人たちは、その中でもさらに努力しています。

センスや運、才能といったポテンシャルと努力した時間などが、能力として現れます。

才能や運といったポテンシャルは持って生まれたもので、それ以上増やしようがありませんが、努力をする時間は意識一つで生きている間は増やすことができます。

継続を習慣にまで浸透させることで、その時間はあっと言う間に、その業界のプロフェッショナルの中でも抜きんでた研鑽を自身に自然と与えます。

成功者たちの習慣化する姿勢を学び、今、自分のいる業界で頭一つ抜きだせるようになりましょう。

成功者たちに共通している習慣は3つ


色んなタイプ、そして、様々な業界の成功者たちに生まれ育った環境や、運、才能といった共通点はありませんが、シンプルな習慣には共通点がありました。

朝早起きして、活動する。

運動する、仕事をする、遊ぶなど、起きてからすることに共通点はありません。

ただ、二度寝している人はいないということ。

起きたからには、何かしています。

そして、仕事の日だろうが休みの日だろうが、必ずいつも早起きです。

次に、読書をする。

成功者自身の得意ジャンルや仕事に関わるジャンルに限らず、小説、文化、サイエンス誌など、好きなものを読んでいます。

読書量も週に一冊読む程度ですから、趣味が読書という人よりも少ないくらいです。

しかし、彼らは本を読むことで取り入れた情報を必ず、アウトプットしています。

アウトプットのやり方は、ブログに書き込む人もいれば、講演会でスピーチする際に利用する、部下の指導に使うなど、こだわりはないようです。

大切なのは読書によってインプットした情報は、必ず外側に発信するという点のようです。

まずは、友だちや家族に、アウトプットする習慣を身につけましょう。

最後に、成功者たちは努力を継続するのではなく、習慣の一部にしてしまいます。

サッカー選手ならリフティングを、為替トレーダーならテストトレーディングを、資格試験の受験中なら勉強を、とにかく無意識化でやれるまで徹底的に繰り返します。

やらないと気持ちが悪い、毎朝の歯磨きやお風呂に入る行為と同じレベルの習慣にしてしまうこと。

それがプロフェッショナルの中でも、さらに一流と呼ばれる成功者たちの共通点です。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫