副業から始めよう

【令和】個人で稼ぐ時代!その魅力と稼ぐためにやるべきことを教えます

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

会社に雇われず、個人で稼ぐことって魅力的に感じませんか?

会社のために働くのではなく、全て自分のための労働となればモチベーションも維持できるはず。

しかし一言で「個人で稼ぐ」といってもなかなかイメージが湧き辛いと思いますので、当記事では個人ビジネスの魅力とその始め方について説明していきます。

ぜひ参考にしていただいて個人ビジネスを始めてみてくださいね。

個人で稼ぐ魅力とは?


早速個人ビジネスを利用して1人で生きていく魅力についてお話していきましょう。

下記3点の魅力が挙げられます。

・全ての決定を自由にできる
・家族や恋人、友人との時間を大切にできる
・努力した分だけ収入が増える

1つずつ説明していきます。

全ての決定を自由にできる

個人で生きていく場合、あらゆる決定権はあなたにあり、自由に選択することが可能です。

例えば住む場所や生活リズムなどを自由に決定できます。

もし会社に勤めている場合は会社の指示に従わなければなりませんよね。

会社に勤めていない個人だからこそ選べる自由なのです。

ただしこの自由は個人ビジネスなら必ず手に入る自由というわけではありませんので注意が必要。

例えば接骨院や商店などの店舗を持つビジネスの場合、場所の自由や生活リズムがある程度制限されてしまいます。

本当に自由を手に入れたい場合は、実施する個人ビジネスの中身も最適化したものにしなければなりませんのでご注意ください。

家族や恋人、友人との時間を大切にできる

また個人で生きていく選択肢をとった場合、家族や恋人、友人との時間を大切にできるというメリットもあります。

会社に勤めている場合はどうしても会社を優先しなければならない場合が多いかと思いますが、個人ビジネスをしている場合は自分の都合を優先することが可能です。

例えば子供の授業参観や発表会に参加すること、恋人との大切な記念日にサプライズをすることなど、会社勤めだと難しい場合も多いでしょう。

しかし、個人ビジネスの場合は時間を自由にとることが可能ですので、比較的容易に時間を作り、家族や恋人、友人との時間を過せます。

会社勤めで忙殺されている方には非常に魅力的といえる点ではないでしょうか。

人生の幸福度を高めるという観点からも、家族や恋人、友人との時間を大切にできるというのは重要な事ですよね。

金銭的、社会的な幸福以外の特別な幸福を得られるのが個人ビジネスの魅力的なポイントです。

努力した分だけ収入が増える

また金銭的な点でいえば努力が報われるのが個人ビジネスの魅力。

例えば会社勤めの場合、会社でいくら良い業績を出しても給料はほんの少ししか増えません。

しかし個人ビジネスの場合、給料(報酬)が2倍や3倍になることはよくあります。

それはひとえに努力の結果。

正しい方向に努力すれば報酬が一気に増える可能性があるのが個人ビジネスの利点です。

もちろん報酬が減る場合もあるのですが、努力に成果が反映されるのが個人ビジネスのいいところといえるでしょう。

個人ビジネスのメリットとデメリット


個人で稼ぐことの魅力について解説してきましたが、ここからはより詳細な個人ビジネスのメリットとデメリットについて説明していきましょう。

個人ビジネスのメリット

まずは個人ビジネスのメリットについて。

個人ビジネスは「時間」「場所」「人間関係」の自由を手に入れられるのがメリットです。

1つずつ説明していきましょう。

時間に縛られない

個人ビジネスのメリットは、「時間に縛られない」という点がまず挙げられます。

というのも個人ビジネスは基本的に1人でビジネスを進めていくものですので、同僚や上司がいません。

その結果、ビジネスを進める時間についてはある程度融通がきくのです。

朝起きるのがしんどければ昼に起きて仕事をするでも構いませんし、調子が出ないから1日休みをとるといったことも可能。

とにかく時間的に自由なのが個人ビジネスということです。

また自由に休みを取れることから、友人と飲みに行ったり、家族と遊んだりすることも容易なため、幸福度が高い生活といえるでしょう。

会社員では絶対に得られない自由な生活が可能なのです。

場所に縛られない

次は場所に縛られないという点です。

個人ビジネスはインターネットを利用したものですと、どこにいても仕事をすることが可能

例えば家賃の安い田舎で仕事することもできますし、旅行をしながらお金を稼ぐこともできます。

働く場所を選ばないということは、もっと言いますと「出勤の必要がない」ということでもあるのです。

出勤の必要がないことは会社員の方にしては非常に魅力的なのではないでしょうか。

満員電車に揺られる必要がないなら、疲労することも痴漢冤罪の恐怖もありません。

非常に精神的に楽になるでしょう。

さらにいえば仕事をする場所を選ばないということは家族の生活する場所を優先することもできます。

子供を都会で育てたい場合は都会に行き、田舎で育てたい場合は田舎へ行くといったことも可能。

会社の都合ではなく、理想とする育児や教育、生活のために住む場所を選べるのです。

この「どこでも働ける」というのが個人ビジネスのメリットです。

時間にも場所にも縛られなければとにかく自由に仕事することができ、幸福度はかなり高くなるでしょう。

人間関係に縛られない

3つ目に挙げられるメリットは人間関係についてです。

個人ビジネスというだけあって、個人で働くことにより同僚や上司がいないという状況になります。

つまり上司からの煩わしいパワハラもなく、同僚の空気を読む必要もないのです。

あなたの自由に働くことができるのも個人ビジネスのメリット。

こういうメリットをお話すると、「人間関係が希薄になりそう」と思うかもしれませんが、むしろ逆です。

仕事で人間関係を持たない分、プライベートでより濃い人間関係を構築することができます。

なぜなら本来仕事で使う時間をプライベートに充てることが個人ビジネスでは可能だから。

個人ビジネスでは上司との飲み会に行く必要は一切なく、友人との楽しい飲み会に行けばいいだけのこと。また家族との時間に充てることもできます。

そうしてより良い人間関係の構築に時間を割けるので、濃い関係を作ることが可能なのです。

会社に勤めていては知り合えなかった人とも出会うことができるため、個人ビジネスは人間関係の点でも自由といえます。

上記3つのメリット「時間」「場所」「人間関係」があることで個人ビジネスは幸福度の高い生活を送ることが可能です。

もし会社員で消耗しているのであれば個人ビジネスをおこすことを検討してみてはいかがでしょうか。

個人ビジネスのデメリット

ただし個人ビジネスにはデメリットもあります。

これから紹介するデメリットを踏まえた上で個人ビジネスに挑戦するかどうか検討してくださいね。

全てが自己責任になる

まずは自己責任になるという点です。

個人ビジネスは1人でするビジネスである以上、全ての成功も失敗もあなたの責任となります。

そのため、場合によっては負債を抱えることもあるかもしれません。

会社に勤めていれば責任を会社が負ってくれる場合が多いかと思いますので、責任という点では個人ビジネスはリスキーと言えるでしょう。

ただし多少のリスクを負わなければ成功することはできませんし、先ほど説明した3つの自由を手に入れることは不可能です。

個人ビジネスを行う際は様々なリスクがつきまとうため、よく勉強をしてから挑戦するようにしましょう。

社会的信用を得られにくい

また個人ビジネスは社会的信用を得られにくいというデメリットがあります。

どうしても個人事業主は社会的に信用されませんので、ローンを組んだりクレジットカードを作ったりすることが難しくなってしまいます。

もしもこれから個人ビジネスを始めたいとお考えでしたら、可能な限りカードを事前に作っておくなどの対処をしておきましょう

個人ビジネスを始めるまでに生活の基盤を確保しておくことも重要ですよ。

稼げるようになるまで時間がかかる

3つ目のデメリットは稼げるようになるまで時間がかかること。

個人ビジネスはある程度稼げるようになるまで時間がかかることがほとんどです。

その理由は集客やスキルアップにる程度の期間が必要だから。

いくら優良な商品を持っていても知られていなければ売り上げは発生しません。

このお客さんに知ってもらう、認知してもらうにはある程度時間がかかるのです。

この「時間がかかる」というデメリットを回避する方法としては、「副業でビジネスを始める」という方法があります。

稼げるようになるまでは本業で報酬を確保しておき、稼げるようになったら退職して個人ビジネスに集中するという流れがおすすめ。

上記のステップで独立すれば個人ビジネスのデメリットを打ち消してビジネスを始めることが可能ですので、ぜひ個人ビジネスを始める際は参考にしてみてください。

ただ、最近はSNSを使った集客方法が確立しているので、集客に時間がかかるのは過去の話しになっていますね。

個人ビジネスの始め方とは?


さて前置きが長くなりましたが、ここからは個人ビジネスの始め方を説明していきましょう。

個人ビジネスというと難しそうに見えますがするべきことは案外シンプルで、下記4つのステップを踏むだけです。

・集客媒体を作る
・商品を作る
・集客した媒体で商品を販売する
・集客媒体と商品の改善を行う

順を追って説明しましょう。

集客媒体を作る

まずは商品を売るために必要となる集客媒体を作ることに注力してください。

集客媒体は言い換えればメディアです。

メディアはWebサイトやSNSなどが該当します。

つまりWebサイトを作って、そこに読者を集め、商品を販売するということ。

また集客媒体単体でも広告収入を得ることは可能ですので、個人ビジネスをするならまずは集客媒体を作ることから始めてください。

商品を作る

集客媒体を作ることに成功したら商品を徐々に準備していきましょう。

商品でおすすめなのは「ノウハウ」です。

例えば副業でお金を稼ぐノウハウであったり、ゴルフ上達のノウハウであったりといったものがおすすめ。

というのも情報は仕入れにお金がかかりませんよね。

仕入れにお金がかからないということは売り上げがほぼ利益になるということです。

Webサイトで集客し、ノウハウを販売するという形のビジネスであれば売り上げはほぼあなたの報酬ですので、がっつり稼ぐことが可能。

ぜひノウハウ販売に挑戦してみてくださいね。

集客した媒体で商品を販売する

商品が完成したら今度は販売をしましょう。

その際おすすめの方法はステップメールを利用した商品の販売です。

ステップメールとはあらかじめ作成したメールを順番に配信して読者に商品を売り込むという仕組み。

効率よく商品を販売することができるためおすすめの手法です。

ぜひノウハウ販売をする際はステップメールを利用した商品販売を行うようにしてください。

集客媒体と商品の改善を行う

最後の段階は集客媒体(メディア)と商品の改善です。

購入してくれたお客さんから商品はどうだったか?メディアはどうだったか?といった情報を集め、より良いものにブラッシュアップしていきましょう。

この改善の段階をしっかりしないと低品質な商品やメディアを提供することとなり、売り上げが停滞します。

きちんとフィードバックをもらって改善を行っていってください。

そうすれば収益はどんどん増えていくでしょうから。

個人で稼ぐビジネスに挑戦して、会社に雇われず生活しよう


以上、個人で稼ぐことの魅力とその始め方について解説してきました。

個人で稼ぐことは下記の魅力的なポイントがあります。

・全ての決定を自由にできる
・家族や恋人、友人との時間を大切にできる
・努力した分だけ収入が増える

人生において幸福になることができる生き方といえるのではないでしょうか。

また個人ビジネスは一見難しそうですが、まとめれば4つのステップに分類されます。

・集客媒体を作る
・商品を作る
・集客した媒体で商品を販売する
・集客媒体と商品の改善を行う

上記のステップを踏めば個人ビジネスを始めることができるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

個人ビジネスで稼ぎ、幸福な毎日を目指しましょう。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫