成功者のマインド

なんのために働くのか!働く意味と目的がわからないお金の奴隷になる

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

働いているとき、ふと虚しい気持ちになったり、一体自分はなんのために働いているのか?と疑問に思ったりする事がありませんか。

なんのために働いているのかを問い出すときりがない事はわかりますが、その際「お金のため」と答えてしまう方は注意が必要。

というのも”お金のため”に働くという思考は視野が狭くなってしまい、余裕のない生き方になってしまう可能性が高いから。

ではどうすればいいのか。

結論を先に述べておくと、お金のために働く”奴隷”ではなく、お金の”主人”になる事が重要。

少し難しいのでしょうが、順を追って解説していきますので、このまま読み進めていただければ幸いです。

なんのために働くのか?あなたが働く理由はどれ?

まずはなんのために働くのか?について、3つのパターンで考えてみましょう。

・お金のために働く
・自分のために働く
・家庭や仲間のために働く

1つずつ説明していきます。

お金のために働く

まずはお金のために働くという発想。

日本人の多くはこの発想で生活をしている事でしょう。

仕事にやりがいがあるわけでもなく、楽しいと感じる事もなく、ただ毎月の給料が楽しみで生活をしている。

しかし、お金のために働いていると、いつまでたっても余裕は生まれません。

なぜなら目先のお金を稼ぐ事が最大の目当てになってしまうからです。

将来は月収100万円稼ぎたい!と思うのであれば、この先自分が月収100万円稼いでいるところを方法も含めて具体的にイメージできないと、それを実現することできないでしょう。

お金のため”は働く目当てとしては弱いといえます。

自分のために働く

次は自分のため。

あなた自身のために働くという発想になります。

楽しい仕事をしたり、稼げる仕事をしたりとあなたが満足いくような働き方をするのが自分のため。

自分のために働ける人は転職や独立を難なく行えます。

なぜなら自分の人生に責任を持ち、自分自身で決断できるから。

自由に自分のキャリアをアップさせる手段を模索しチャレンジできるのが自分のために働いている人といえるでしょう。

家庭や仲間のために働く

3つ目は家庭や仲間のために働くといった発想。

家庭や仲間のために働くのは決して悪い事ではありません。

家庭を生きがいにする人も大勢います。

しかし家庭を守る事を目当てにすると新しいことを始める決断を下す事が難しくなってしまいます。

例えば仕事を辞めて独立したいといった場合も家庭があると、奥さんや子供の生活がかかっているわけだから、あまり無茶はできませんよね。

以上のことから自分のために働く人よりお金持ちになる事は難しいでしょう。

しかし全くもって無理ではありません。

もちろん奥さんや子供の協力が必要ですが、守るべきものがある人は時に強い力を発揮する事がありますので。

なんのために働くのかわからない人は働く理由を考えよう!

なんのために働くのかわからない人は、働く理由について考えていきましょう。

働く理由とは、この先働いていけば何が手に入るかということ。

あなたはなんのために働いていますか?

お金の”奴隷”になるためですか、それとも”主人”になるためです。

お金の”奴隷”として働くのか

まずはお金の奴隷として働く事について。

毎月の給料を目当てに嫌な仕事を我慢して続けるとお金の奴隷になります。

ストレスもたまりますし、なによりもらえる給料は決まっています。

どんなに頑張っても得をするのは上の立場の人たちです。

なにより、その生活を続けるとその生活に慣れて、危機感さえも失っていきます。

こうなるともう末期。

お金に振り回される生涯を過ごす事になってしまいます。

会社が絶対教えない!サラリーマンでは生涯稼げない5つの理由とは?「あなたは今のお給料に満足していますか?」 ある調査では、20代の会社員の約50パーセントは満足できない、不満があるという調査結果...

お金を支配する”主人”として働くのか

次にお金を支配する”主人”として働くという事。

お金はあなたにとってツールでしかなく、お金があなたのために働くのが”主人”。

お金の主人はオーナーや投資家や不労所得を得ている立場の人が該当します。

上記の職業だと、あなたが働かなくてもお金が勝手に入ってくるようになります。

お金が入ってくる仕組みを作り、安定した報酬があることで余裕が生まれますよね。

余裕があればよりビジネスや収入を大規模にするための施策を打つ事が可能なので、どんどん収入は増えていく。

お金の主人になる事は人生が豊かになるという事でもあります。

不労所得の作り方!リアルに20代がゼロから稼ぐ仕組みを作る方法不労所得という言葉を聞いたことはありますか? 働かずしてお金が入ってくる夢のような仕組み、「不労所得」 不労所得を手に入れる...

働く意味と目的を明確にして迷いを無くすべき

お金の奴隷と主人の話をしてきましたが、あなたはどちらになりたいでしょうか。

まずは、お金の奴隷になりたいのか、それとも主人になりたいのかを考える事をおすすめします。

自分が将来どうなりたいのかをまず考える

具体的にはまず自分が将来何になりたいのか?を考えましょう。

例えば大雑把な目当てでは「お金持ちになりたい」などがあるでしょうし、もっと具体的なものだと「都内のタワーマンションに住む余裕のある人になりたい」といった欲望があるでしょう。

それらの願望をかなえるためには何になればいいのか、を考えるところがスタートライン。

多くの人は自分がなりたい将来像を考える事もなく、ただ目の前の仕事をこなしているだけ、といったお金の奴隷になっている事がほとんど。

できれば早い段階から自分の将来を考える癖をつけるようにしましょう。

お金の奴隷になりたいのか、それとも主人になりたいのか?を明確にする

将来像が浮かんだら、お金の奴隷になるべきなのか、それとも主人になるべきなのかを考える必要があります。

基本的に奴隷になるべきという考えに至る人は稀なので、主人をめざしましょう。

自分の働く意味と目的を明確にして実践する

お金の主人になりたいと決めたらあとは簡単。

どうすれば主人になれるのかを考え、その上であなたが豊かになれる働く意味と目的を明確にすればいいだけ。

どうすれば主人になれるかがわかれば、あとはそれをただ実践していくだけで収入も増えていくので、生き方の迷いからも解放されますよ。

お金の主人になる方法を教えます

最後にお金の主人になる方法を解説していきましょう。

お金に振り回されない方法をまずは考える

まずはお金に振り回されない方法を考えてください。

労働に対しての収入や、あなたがいないと収入が発生しない状態ではお金の主人になることはできません。

また、収入はあっても収入源が一つだけの場合は非常に危険です。

リスクを下げるためにも、収入源は複数確保しましょう。

お金のために働く生活を一刻も早く抜け出すべきです。

収入源を複数に増やす方法!作り方やゼロから稼ぐ手順を教えます会社からの給料に依存していませんか? 収入源が1つしかないと、実はいろいろなデメリットがあります。 会社の経営が傾いて減給に...

働く目的を明確にしてビジョンを描く

次は働く目的、ビジョンを描きましょう。

あなたが何になりたいのか、どうなりたいのかを明確にする段階。

最初は漠然とお金持ちになりたいと思うようなビジョンでも構いません。

今のあなたが思うなりたい自分を考えるようにしましょう。

そして考える事ができたら今度は戦略を立てるステップ。

どうすれば理想の自分に近づけるかを考えて、計画を具体的に立てましょう。

例えば、プログラミングを勉強してエンジニアになる、その後、エンジニアとして独立開業する、事業規模を大きくしてより高額の報酬を得る。

といったプランを立ててください。

具体的であればあるほどあなたの行動が明確になるのでおすすめです。

独学が難しい場合は、メンターを付けることで途中で挫折することや道に迷うこともなくなり、最短で目標達成することができるでしょう。

必要な分のお金を貯める

次はお金を貯めましょう。

何をやるにしてもお金はかかります。

勉強にも独立にもお金はかかるので、とにかくまずは必要なお金を貯めるようにしてみてください。

多少のお金はかかっても、今できる経験は今後同じお金を払ってもすることはできません。

1年先、5年先の自分を想像して自分に投資していきましょう。

実行していき、少しずつ規模を大きくしていく

お金が貯まったら実行していきましょう。

少しずつ規模を大きくしていき、収入を増やしていきます。

人によっては収入が増えた事で満足してしまう人もいますが、お金の主人になるにはまだまだ。

上をめざしましょう。

自分が動かなくてもお金が入ってくる仕組みを構築する

最終的には不労所得が得ることが目的なので、お金が入ってくる仕組みを構築してください。

一番簡単な方法は外注を雇って働いてもらう事、あるいはWebサイトなどのメディアを作って、自動集客をする事でしょう。

どちらもあなたが働かなくてもお金が入ってくる仕組みになりますので、構築できれば非常に楽ができますよ。

お金がお金を稼いでくる不労所得をめざす

Webサイトや従業員が働く構造を構築できたら、お金がお金を稼いでくる状態を作れます。

あなたの労働時間に依存しない収入、不労所得の完成となります。

不労所得が手に入れば無事、お金の主人となる事ができる

不労所得ができればあなたは無事、お金の主人になれました。

もう労働時間に苦しむ事も、時給が少ない事を嘆く必要もありません。

お金がもっと欲しいのであれば事業規模を大きくするだけ、もっと休日が欲しいなら事業の進め方を調整するだけで良いのです。

お金の主人になれば自由を絵に描いたような生活が送れます。

あなたは生涯お金の奴隷をしますか?それとも主人になって豊かになりますか?

お金の奴隷から脱却して主人になり、豊かな生涯をめざそう

以上、なんのために働くのか、という観点のお話でした。

結論をおさらいするとお金のために働く”奴隷”か、逆にお金がお金を稼いでくる”主人”になるかということ。

あなたの生涯をより豊かなものにするためにはお金の主人になる事が必須。

そのためには戦略を立てて、実践し、少しずつ事業規模を大きくしていきましょう。

長い道のりではありますが一歩ずつ前に進めば必ずお金の主人になることができます。

豊かな生涯をめざして今一度働く意味、目的を考え直してみましょう。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫