成功者のマインド

シングルタスクで仕事の効率が3倍?マルチタスクができない人ほど上手くいく

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

マルチタスクとシングルタスクという言葉をご存知でしょうか。

仕事をする上で、マルチタスクで進めるのか、それともシングルタスクで進めるのかは重要なポイントとなってきます。

しかし、多くの人は非効率的な手法を取っていることがほとんどなのが現状です。

そこで当記事ではタスク消化の方法とそれぞれの特徴について解説し、最短ルートで目標を達成する方法について説明していきます。

ぜひ参考にしていただいて、最短ルートでの成功を目指してくださいね。

マルチタスクは意味がない!マルチタスクのメリット・デメリットとは?


まずはマルチタスクについて説明をしていきます。

結論から申しますとマルチタスクはおすすめできない仕事の進め方です。

その理由について、マルチタスクのメリット・デメリットを合わせてご説明していきましょう。

マルチタスクとは?

マルチタスクとは、同時に複数の仕事・タスクを消化していく仕事の進め方です。

例えば、サラリーマンをしながら、副業でWebライターの仕事と転売の仕事をしている、といった状態を指します。

マルチタスクに求められるのは複数のタスクを同時に消化する要領の良さです。

しかし多くの人は要領の良さが足りず、タスクを持て余してしまうという状態に陥りがち。

マルチタスクのメリット

マルチタスクのメリットを上げるのであれば、同時並行で仕事を進めることができるため、上手くいけば絶大な成果を出せるという点です。

3つも4つも仕事を同時に成功させることができれば収入も一気に増えることでしょう。

ただし複数の仕事を成功させるというメリットを実感できるのは、卓越した仕事効率の発揮が可能な優秀な人だけです。

一般的な人はタスクを消化しきれずに中途半端な仕事にしかなりません

つまり、マルチタスクのメリットを実感できるのは優秀な一握りの人だけで、あとの人にとっては利点がないのです。

マルチタスクのデメリット

マルチタスクのデメリットは「タスク消化に時間がかかる」ことが挙げられます。

単純な話、3つのタスクを同時に消化しようと思うと、シングルタスクに比べて3倍の時間がかかることが想定されますよね。

タスク消化に時間がかかるということは、成果が出るのにも時間がかかるということ。

ただでさえ成果が出るまで時間のかかるインターネットビジネス・情報発信ビジネスでは、マルチタスクは命取りです。

成果が出るまでに時間をかけてしまうと、途中でモチベーションの維持ができなくなり、諦めてしまうことになりかねません。

マルチタスクはインターネットビジネス・情報発信ビジネスにおいてかなり危険な行為であることを理解してください。

シングルタスクのメリット・デメリットとは?一点集中の重要性!


シングルタスクについて解説をしていきましょう。

シングルタスクとは?

シングルタスクとは、複数のタスクを同時並行で進めるのではなく、1つの事柄に絞って注力するタスク消化の方法です。

シングルタスクにもメリット・デメリットがありますが、ビジネスをする上ではシングルタスクがおすすめです。

なぜならシングルタスクの方が早く成果を出すことができるから。

なぜシングルタスクは成果を早く出せるのか、その点については次のメリット・デメリットにて解説を行います。

とにかくタスクの消化を効率的に行いたい場合はシングルタスクを導入するようにしましょう。

シングルタスクのメリット

シングルタスクのメリットは「1つのタスクを一気に消化できる」という点。

消化するべきタスクのみを集中して消化していくため、効率が非常に良いのです。

1つのタスク消化が早くなるということは、必然的にインターネットビジネス・情報発信ビジネスで成果が出やすくなるということでもあります。

例えば、ブログで情報発信を行ったとしましょう。

その際、マルチタスクではブログ構築とメルマガ作成、商品作成を並行して行うことになり、全ての作業の進行は3分の1となります。

その結果、全ての作業が完了するまでの時間が3倍かかるということです。

一方、シングルタスクの場合は仕事の優先順位を決めて、1つずつタスクを消化していきます。

まずは集客導線のブログを構築し、メルマガを作成、その後商品を作成する、といった流れになります。

仕組みの完成にかかる時間は同じになりますが、ブログが先に出来上がることでマルチタスクよりも早い段階から集客を始めることが可能です。

またメルマガが完成した段階から、リスト取りを始められるため、商品が出来上がった段階ですぐに商品の営業をかけることができるというのもメリット。

つまり、シングルタスクにすることで効率よく作業を進めていくようになり、成果も早く出るということ。

上記がシングルタスクのメリットです。

シングルタスクのデメリット

一方でシングルタスクのデメリットを挙げるとするなら「優先順位を決めるスキルが必要」という点でしょうか。

シングルタスクは1つずつタスクを消化していきますが、優先順位を間違えると一気に効率が悪くなります。

例えば先ほどのブログを利用したビジネスの場合、先に商品を作って、メルマガを作成し、ブログを構築するという順ですと、成果が全くでなくなるのです。

なぜなら集客導線を先に作っていない状態だと、商品が出来上がったとしても、商品を売る相手がいないから。

商品が売れないということは利益になりませんので成果が出ず、失敗ということになります。

そうならないためにもシングルタスクをする場合はタスクの優先順位をきちんと決めて、合理的なタスク消化を心がけましょう

優先順位の付け方さえ覚えてしまえばシングルタスクのデメリットは無くなりますので、ぜひ優先順位の付け方のトレーニングをしてみてください。

最短で成果を出す為にするべきこととは?


最短で成果を出す為にするべきことについて最後に説明していきます。

最短で成功する為にはまず「シングルタスクを導入する」、そして「仕事を因数分解する」、最後に「優先順位を決定する」の3つが必要です。

シングルタスクを導入する

まずはシングルタスクを導入しましょう。

常に仕事をする際は1つのことに集中し、サクサクとこなすようにしていってください。

決して複数の仕事を同時並行で消化することのないように。

目の前にある仕事にフルコミットするという意気込みで挑みましょう。

仕事を因数分解する

次は仕事を因数分解して細かいタスクに分割する作業です。

ブログで商品を販売する」という大きな目標をシングルタスクで消化しようとすると、どうしても複数のタスクを消化しなければならない場面が出てきます。

そこで重要なのが因数分解。

仕事を細かく区切っていき、タスク単位に分割してみましょう。

例えば「ブログで商品を販売する」という最終目標があったとしたら、まずは集客媒体である「ブログの構築」、次は商品売り込みの為の「ステップメールの作成」、最後に「商品自体の作成」と3つのタスクに分割できます。

これら3つのタスクに分割するという考え方が因数分解です。

仕事の分割をきちんとすることで、シングルタスクに持っていく際迷うことが少なくなります。

可能な限り仕事を細かく分割して消化するようにしましょう。

優先順位を決定する

最後にするべきはタスクの優先順位の決定です。

分割したタスクはそのまま闇雲に消化しては成果が出づらくなります。なぜなら先ほど説明したようにタスクには消化するべき順番があるから。

適切な順番を守ることで、成果の出る速度が2倍にも3倍にもなります。

上記の理由から仕事の分割ができたら、どのタスクから消化していくべきかをよく考えましょう。

タスクを消化するシミュレーションを行い、一番効率の良い方法を模索してくださいね。

優先順位まで決定できたら、あとはシングルタスクを愚直にこなしていくだけです。

前準備をしっかり行っておけばあとはタスクを1つずつ消化していくだけなので、無駄なことを考える必要もありませんから。

マルチタスクで力を分散するのではなく、一点集中で最短ルートの成功を狙うべき!


以上「マルチタスクはやめてシングルタスクに移行しよう」という内容でした。

マルチタスクは成果が出るのが遅くなるというデメリットがあり、一般的な能力の人にはおすすめ出来ません。

一方でシングルタスクは誰でも最速で成果を出すことが可能なタスク消化の方法です。

特にインターネットビジネス・情報発信ビジネスにおいては絶大な効果を発揮しますので、ぜひ取り入れてみてください。

またシングルタスクを実行する場合は「仕事の因数分解」と「優先順位の決定」が重要です。

きちんと準備を行い、シングルタスクの一点集中で早く成果を出しましょう。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫