コンテンツ販売

「商品が売れない」という人はモノよりストーリーで売れ!

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

商品を売りたいけど、売り方がわからない
もっと効率よく、自分の商品を売る方法を知りたい!

上記のようにお考えではないでしょうか。

そこで、当記事では「ストーリーで売る」という観点から、ストーリーテリングを利用した販売方法を解説していきます。

あなたのストーリを見せることで商品は勝手に売れていく

結論から述べますと、ストーリーを見せることで商品は勝手に売れていきます。

商品を売ろう売ろうとすると、返って顧客は離れていってしまいますが、ストーリーを見せるとお客さんの方から「商品を買わせてください」と言われるようになります。

セールスの理想形は「セールスしないこと」です。

その仕組みについてこれから解説していきます。

ストーリーを見せることで商品が売れていく仕組みとは?

ストーリーを見せることで商品が売れていく仕組みは意外とシンプルです。

商品を購入しようとしている人は、商品が欲しいのではなく、商品を手に入れた未来を欲しています。

あなたのストーリーと合わせて、商品を手にした未来を見せることで、顧客が望む未来を想像することができ、購入されるというわけです。

ストーリーテリングとはそもそも何か?

ちなみに、ストーリーを利用して商品を販売する方法を「ストーリーテリング」と呼ぶことがあります。

ここではストーリーテリングについて詳しく解説していきます。

ストーリーテリングをうまく使うと何が起こる?

ストーリーテリングは、商品を直接売り込むのではなく、商品を手にした未来を想像させるというテクニックです。

ストーリー仕立てで、問題点を提示し共感を集め、商品を手に入れることで問題が解決し、望む未来が手に入るというもの。

ストーリーテリングを利用すると、顧客の中で商品を購入したいという気持ちが自然と湧いてきて、顧客の方から自発的に「商品を買わせて欲しい」と思ってもらうことができます。

ストーリーテリングの具体例

ストーリーテリングの具体例を挙げて、より理解を深めていきましょう。

下記がストーリーテリングの一例です。

・ジャパネットなどのテレビショッピング
・スティーブジョブズの商品スピーチ
・AmazonのCM
・進研ゼミの漫画広告

ジャパネットなどのテレビショッピング

まずはジャパネットなどのテレビショッピングについて。

テレビショッピングでは、まず悩みがありませんか?というところから始まり、商品を手に入れた未来を提示します。

家電を紹介するときも、この商品を手に入れたことで、

家事が楽になってやりたかった趣味に時間が使えるようになりますよ!

この商品があることで、家族で楽しい時間を過ごすことができますよ!

など、商品を手に入れた先の未来を、映像や購入者の声など、さまざまな手法でお客さんに伝えていますよね。

スティーブジョブズの商品スピーチ

スティーブジョブズの商品スピーチも、Apple製品を購入した未来を提示することで成功を収めていました。

商品を売るというより、商品がない時代の問題点を提示し、革新的な製品で未来を変えるというストーリーで、スピーチをしていたのです。

AmazonのCM

AmazonのCMも、Amazonがない問題のある現在を最初に映し、最終的にはAmazonの利用によって素敵な未来が待っているという構成になっています。

世界トップクラスの企業が利用しているストーリーテリングの手法は、やはりマーケティングにおいて重要だとわかりますよね。

進研ゼミの漫画広告

身近なストーリーテリングの手法として、最も理解しやすいのは進研ゼミの漫画広告ではないでしょうか。

勉強ができない少年少女が、進研ゼミに出会って勉強、スポーツ、恋愛全てがうまくいくというストーリーを提示することで、購入を促しています。

ストーリーテリングをコンテンツビジネスに応用するやり方

さて、ストーリーテリングをコンテンツビジネスに応用する方法をご紹介していきましょう。

あなたが過去に抱えていた悩みや問題は?

まずはストーリーの掴みとして、あなた自身の過去の悩みや問題から話してみましょう。

いかに本音で語り嘘のない言葉で語るかが大切です。

小手先のテクニックより、あなた自身の言葉で発信することで読者も共感できます。

ストーリーテリングであなたのこれまでのストーリーを語るときには、まず自分が昔はどんなことをしていて現在はどうなったかという、過去から未来という流れで発信していきます。

問題をどうやって解決したのか?

次は問題の解決についてです。

あなたが今提供しているサービスやメンターとの出会いなどで問題を解決したと述べることで、読者も「自分にもできるかも!」と思ってもらうのが重要なポイント。

問題の解決方法が簡単であればあるほど、読者からの支持を得やすくなります。

できるだけ問題解決の方法はわかりやすくしておきましょう。

問題が解決できて、どういった未来を手に入れられたか?

次は問題解決後の未来について。

ストーリーテリングでは未来が重要です。

どういった未来を手に入れられるのかによって、読者の期待値を操作することができるから。

問題点がある状態から、問題解決、問題のない未来とストーリー仕立てにすることで、最大効率の成果を出せるのがストーリーテリングなのです

誰でも同じ道を歩めることを提示する

最後のポイントとしては「誰でも」が重要。

あなたにしかできない方法ですよね?」と思われてはストーリーテリングの意味がありません。

問題解決の手法は、簡単に噛み砕き、誰でも実践できる方法にまで体系化しておきましょう。

”売れる”ストーリとは?ストーリーテリングの基本事項!

ストーリーテリングの使い方は理解していただけたと思うので、具体的にどんなストーリーが好ましいのかを解説していきます。

”売れる”ストーリーとは?

”売れる”ストーリーの条件を述べますので、ぜひ参考にしてみてください。

共感できるストーリーであること

まずは共感です。

悩みや問題を提示して、読者に共感してもらいましょう。

最初の掴みの部分ですので、重要度は非常に高いので要注意。

小手先のテクニックより、あなたの過去や経験をあなたの言葉で正直に話すほうが、読者には届きます。

間違えても、嘘の過去や盛ったストーリーを語らないようにしましょう。

問題解決ができているストーリーであること

次は問題がしっかり解決できるストーリーであることをアピールしましょう。

読んでいてしっくりこないストーリーは、問題解決ができていない場合がほとんどです。

過去から未来へ問題が解決し、理想の未来が手に入るストーリーであること

ストーリーの構成として、問題のある過去から、問題のない未来に商品を購入したら移行できたという流れを意識しましょう。

ストーリーを通して商品を購買する意欲が湧く内容になっていること

最後は商品の購買に繋がるストーリーになっているかです。

具体例で挙げたストーリー(スティーブジョブズや進研ゼミなど)はどれも購買意欲を掻き立てる内容になっています。

ストーリーを通じて、商品を購入した未来を適切に想像させることで、商品は売れていきます。

商品の魅力を伝える、素晴らしい未来をしっかり記載しましょう。

モノを売るより、ストーリーを売れ

最後に一番重要なことをお伝えします。

モノを売るより、ストーリーを売れ」ということです。

モノがあふれている世の中では、モノは売れづらくなっています。

モノを売る為には、周りとの差別化が必要で、差別化を簡単にできるのが、ストーリーというわけ。

ストーリーを商品につけることで、強力な付加価値をモノにつけることが可能なのです。

モノを売るという発想をやめ、ストーリーを売るという考え方でマーケティングを行いましょう。

魅力的なストーリーで商品販売を最大効率にしよう!

以上、ストーリーを見せることで、商品が売れていくという内容でした。

内容をおさらいすると、商品を売る為にはストーリーテリングを利用していきましょう!という話です。

ストーリーテリングを適切に利用すると、売り込まなくても共感してくれた読者に勝手に商品が売れていきます。

魅力的な未来を読者に提示して、商品の売り上げを最大化させていきましょう。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫