コンテンツ販売

コンテンツビジネスとは?具体例や現状や5年後どうなるのかを解説!

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

コンテンツビジネスとは何なの?
コンテンツビジネスのやり方がわからない

上記のようにお考えではありませんか?

そこで当記事では、コンテンツビジネスとはどういったものかを解説し、コンテンツの具体例や初心者が稼ぐやり方、現状や5年後までを解説していきます。

コンテンツビジネスの基礎から応用まで学んでいただける内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてください!

目次

コンテンツビジネスとは?

そもそもコンテンツビジネスとは何か。

結論を先に述べますとコンテンツビジネスとは「コンテンツ(著作物)を販売するビジネス」です。

コンテンツであれば何を販売してもコンテンツビジネスですので、その幅は非常に広いといえます。

具体例は後述しますが、映画や音楽もコンテンツビジネスですし、教材販売やメールマガジンもコンテンツビジネスです。

コンテンツビジネスのメリットは、一度制作したコンテンツは何度も複製ができ、販売利益を大きくすることが可能(レバレッジが効く)ということ。

例えば教材販売を例にあげて説明しますと、一度体系化して作成した教材は電子媒体(電子書籍)ならいくらでもコピーが可能となります。

一度作成してしまえば、商品を売れば売るだけで利益が増えていくというのが、コンテンツビジネスの良いところです。

コンテンツビジネスの具体例とは?

さて、コンテンツビジネスについて全体像を把握していただいたところで、今度はコンテンツの具体例をご紹介していきましょう。

コンテンツビジネスには下記のような例が存在します。

・自分の知識や経験をコンテンツにする
・映画や音楽などのエンタメ作品の制作
・教材を売ることで利益を得る
・有料メールマガジン(あるいはメルマガでの販促)
・有料の会員サイトやオンラインサロン
・その他の著作物販売全般

1つずつ説明していきましょう。

自分の知識や経験をコンテンツにする

まずは個人ができるコンテンツビジネスの最たる例が「自分の知識や経験をコンテンツにする」というものです。

例えば、ビジネスノウハウやスポーツのテクニックなどを体系化し、書籍にまとめて販売するというもの。

成功した例としてはファッションアドバイザーのMB氏などが挙げられます。

ファッションを誰でもできる物に体系化し、メルマガやブログで発信することで、独自コンテンツを数多くの男性に届けました。

本を出版したり、各種メディアに出演したりと活躍されています。

あなただけが持っている情報コンテンツを体系化し、販売するというのが現代最も有効なコンテンツビジネスの形といえるでしょう。

映画や音楽などのエンタメ作品の制作

次に紹介するのは古典的なコンテンツビジネス、音楽や映画といったコンテンツの販売です。

制作には非常にお金がかかり、センスや技術、人材が必要となるため、個人で行うのは難しいといえるでしょう。

ただし作曲センスやイラストの技術、映像編集のスキルがある場合は、今でもYouTubeやTwitterなどで活躍することもできるので、挑戦してみるのもありです。

教材を売ることで利益を得る

また教材販売もコンテンツビジネスの王道です。

教材といっても一般的な教科書から「ビジネスで成功するコツ」などといったものまで幅広く存在します。

特にビジネスノウハウや、営業テクニックなどをまとめた書籍は個人でも制作、販売ができるため、現在では人気のコンテンツビジネスとなっているのです。

コンテンツビジネス初心者におすすめしたいジャンルといえるでしょう。

有料メールマガジン(あるいはメルマガでの販促)

有料のメールマガジンの配信もコンテンツビジネスの1つ。

有名なのはホリエモンのメールマガジンでしょうか。

ホリエモンが提唱するビジネスのコツは「小資本で始められる」「在庫が無い」「利益率が高い」「毎月の定期収入が確保できる」といったものだそう。

そして上記全てを満たすものが有料メルマガなのです。

ホリエモンが実際にメルマガで大成功しているあたりから、ホリエモンが提唱するビジネスのコツは正しいものだといえます。

また、メルマガ自体は無料で、有料のコンテンツを後から販売するのもコンテンツビジネスでは有効です。

有料の会員サイトやオンラインサロン

最近流行りのコンテンツビジネスでは有料の会員サイトやオンラインサロンなども存在します。

定額制で、毎月一定のコンテンツやサービスを提供するといった内容です。

オンラインサロンもホリエモンのコツ、原則に沿った内容となっており、成功者はキングコングの西野さんが挙げられます。

年間数億円を稼ぎ出しており、様々なビジネスに稼いだお金を転用しているとのこと。

これからコンテンツビジネスをするのであれば、目標にするべきケースといえるでしょう。

その他の著作物販売全般

コンテンツビジネスはその他、著作物を販売するもの全般を指します。

コンテンツビジネスはここ数年特に進化しており、どんどん新しい形が登場しています。

今回述べたのは一般的なものですが、ライブアプリを使ったコンテンツビジネスなどが流行の兆しを見せています。

従来のコンテンツビジネスに挑戦するのももちろん素晴らしいですが、自分で新しいジャンルを開拓していくのも、1つの手段といえるでしょう。

コンテンツビジネスの現状とは?

さて、コンテンツビジネスの具体例を理解していただいたところで、コンテンツビジネスの現状についてご紹介していきましょう。

コンテンツビジネスの現状は下記2点が顕著になってきています。

・ネットの発達から「手軽に誰でも」がキーワードになった
・コンテンツの飽和が問題になりつつある

ネットの発達から「手軽に誰でも」がキーワードになった

ネットの発達から誰でもコンテンツを作成、発信ができるようになりました。

そのおかげで、誰でもコンテンツビジネスに参戦することが可能となったのです。

例えば、YouTuberやブロガーなどが好例。

資本が限りなくゼロに近くても、コンテンツビジネスを行うことができ、場合によっては年収数千万円〜数億円に到達する可能性もあります。

コンテンツビジネスを行う人はYouTuberやブロガーだけでなく、芸能人や有名人、一般人までも参入している状況で、現状、国民総コンテンツビジネス時代が来ているといっても過言ではありません。

コンテンツビジネスをしていない人は、時代から取り残されているといっても良いでしょう。

それだけコンテンツビジネスは普及しており、今となっては当たり前のものなのです。

コンテンツの飽和が問題になりつつある

ただ、情報発信者が増えて起こったことは、コンテンツの飽和です。

例えば、ブログでいうと、クレジットカードや金融系、健康、美容などのジャンルは稼げるという情報を嗅ぎつけた人が大勢参入して、コンテンツが飽和するという結果となりました。

そして情報の飽和により、低単価で価値の少ない情報を提供しても生き残れなくなりました。

Googleをはじめとした検索エンジンは、こうした質の低い情報を快く思うはずはなく、アップデートにより検索順位を大変動させ、厳しく取締ることになりました。

上記のことから、これからの情報発信は高単価で価値のある情報を提供することが重要になったのです。

コンテンツビジネスの5年後はどうなる?

さて、コンテンツビジネスの現状を理解していただいたところで、5年後のコンテンツビジネスについての考察をしていきましょう。

結論を先に述べると、動画ジャンルの成長が予想されます。

詳しく説明していきましょう。

動画ジャンルが大きく伸びる

動画ジャンルが何故伸びるのかというと、通信技術の革新が起こったからです。

5Gという次世代通信技術によって、通信速度が今までの比にならないものとなるでしょう。

今まで時間がかかっていた通信が、一気に短縮されることにより、大容量の動画コンテンツが高速でダウンロード・ストリーミングを行えるようになります。

現在以上に動画コンテンツの需要が高まることが想定されますので、今から動画コンテンツに注力しておくべきでしょう。

確実に伸びるジャンルは動画コンテンツですので。

コンテンツビジネスで初心者が稼ぐやり方!

コンテンツビジネスの現状と未来をお話してきましたが、ここからはコンテンツビジネスで初心者が稼ぐやり方をご紹介していきます。

下記の手順で進めていくことで、コンテンツビジネスの月収を大きく膨らませることができるでしょう。

・自分の好きなことや興味のあることを学びながら発信する
・販売の仕組みを作る
・商品は売れてから作る
・即効性のあるSNSを集客に活用する
・ブログやYouTubeで集客を安定化させる
・収益の仕組みを自動化させる

順を追って説明していきます。

自分の好きなことや興味のあることを学びながら発信する

まずは自分の好きなことや興味のあることを発信するようにしましょう。

何よりも少しでも興味があったり、好きなことが重要です。

例えば稼げるといって、興味のない不動産のジャンルの情報発信を始めてしまったら、続けるのが苦痛となり、どうしても進めることができなくなります。

稼げるジャンルを選択することも重要ですが、一番は興味を持てることを発信内容に設定する方が良いでしょう。

また「”学びながら”発信する」のも大切。

最初は初心者に教えられるレベルで十分ですが、徐々に発信のレベルを上げていき、中級者や上級者にも応えられる内容にしていくことが重要です。

楽しく、学びながら情報発信の質を向上させていくといったイメージで進めていきましょう。

販売の仕組みを作る

次にするべきは販売の仕組みを作るということ。

まだ商品は作らなくて大丈夫です(理由は後述します)。

販売の仕組みとはステップメールを利用した ダイレクトレスポンスマーティング(DRM)の仕組みです。

DRMとは、簡単にいうと「反応があったユーザーにのみ営業をかける」といったもので、メルマガの登録から配信が該当します。

メルマガを利用した営業の仕組みと考えていただいても問題ありません。

また、一定のシナリオのメールを自動配信する「ステップメール」を利用するのも重要です。

読者の興味を惹く最初のメールから、営業のメールまでをシナリオ化し、自動配信することで、収益の自動化をすることができます。

上記のメルマガとステップメールを利用したDRMの仕組みで、収益の最大化を図れるのです。

ただ、現在ではメルマガよりLINEでステップメールを配信した方が、開封率がよく、読者に届きやすいので、今からDRMを活用する場合はLINEを利用することをおすすめします。

商品は売れてから作る

販売の仕組みができたら、実際に商品を販売してみましょう。

もし、商品が売れたら実際に商品を作成していきます。

順番としては「売れる→商品を作る」といったものが鉄則です。

なぜなら、商品を作っても売れない場合は、時間もお金も無駄になるから。

売れてから商品を作ることで、時間を無駄に使うことなく、効率的に利益を上げることができます。

コンテンツビジネスの場合は商品はコンテンツ(情報)ですので、上記の手段が可能なのです。

売れてから作る」を意識することで、無駄なく利益を上げることができますよ。

即効性のあるSNSを集客に活用する

また、即効性のあるSNSを利用して集客を行いましょう。

なぜならSEOと呼ばれる集客の方法(ブログなど)では数ヶ月単位で時間がかかってしまうから。

SNSはフォロワーがつけば即座に集客を行えるので、スピードの面で優れています。

情報発信において、SNSを最初に進めていくのが、現代のコンテンツビジネスの攻略法といえるでしょう。

ブログやYouTubeで集客を安定化させる

ただし、SNSは情報発信をし続ける必要がありますので、資産にはなり辛いのです。

そこでおすすめなのがブログやYouTubeといったコンテンツ。

ブログやYouTubeなどは伸びるまで時間がかかり、スピードではSNSに負けますが、資産としての価値はSNS以上です。

というのも、ブログの記事やYouTubeの動画は一度投稿すればいつまでも読まれたり、視聴されたりするものだから。

時間をかけてじっくりブログやYouTubeを育てておくと、収益を安定させることが可能です。

最初はSNSで爆発させ、最終的にはブログやYouTubeをメインにするといった流れがコンテンツビジネスの王道といえるでしょう。

収益の仕組みを自動化させる

最後の段階は収益の仕組み(DRM)の自動化です。

ステップメール(LINE)を完成させ、自分がすることは顧客のチェックだけにする。

また、クラウドソーシングを利用してブログ記事やYouTube動画、SNSの運用を外注に任せるなど、様々な施策をすることで、収益の自動化が可能です。

収益を自動化すると、自分の時間が増え、新しい施策に割く時間を増やすことができます。

収益モデルを作成する→自動化する→新たな収益モデルを作る→自動化するを繰り返すことで、どんどん収益をふくらましていくことができ、個人でも月収100万円を突破できる場合もあるのです。

自分が楽をするためという目的ももちろんありますが、収益を膨らませていくための自動化にぜひ取り組んでください。

コンテンツビジネスを成功させるコツ

コンテンツビジネスのやり方もご紹介しましたが、稼ぐコツもセットで知っておいて欲しいところです。

下記のようなコツをご紹介いたします。

・相応な価格設定をする
・コンテンツの質を常にアップデートしていく
・DRMの仕組みを強化する
・自動化の仕組みを強化する
・バズを狙う
・最新の情報を収集する

相応な価格を設定する

まずは価格設定から。

コンテンツビジネスは相応な価格設定をしておかないと、売れないどころか、場合によってはクレームにもつながります。

上記の状態を避けるため、相場をしっかり理解しておく必要があります。

相場を知るためには、競合他社の価格を調査し、同等か少し休めの設定をしておくと良いでしょう。

最初は安めで設定し、自分のレベルに合わせて徐々に価格をあげていくという流れが基本です。

コンテンツの質を常にアップデートしていく

コンテンツビジネスの肝はコンテンツの質でしょう。

コンテンツは常に最新の状態にアップデートしておきましょう。

情報を新しくすることや、正確性を高めることなどできることはたくさんあります。

また、コンテンツをダウンロード商品などの売りっぱなしにするのではなく、サポートを付けることでより満足度を高めることができて商品価格も上げることができます。

コンテンツを販売する以上、コンテンツを購入した人全員を満足させられるように、コンテンツをアップグレードしていきましょう。

DRMの仕組みを強化する

DRMの仕組みを強化していくのも大切です。

基本はメルマガ(LINE)のライティングスキルを磨くこと。

セールスコピーライティングのスキルをつけることで、より効率的に商品を販売できます。

セールスコピーの書き方は、競合他社のメルマガを研究することから始めましょう。

まずは技術を吸収するべきなので、とにかく様々なメルマガを熟読して、ノウハウを盗んでください。

自動化の仕組みを強化する

自動化の仕組みの強化ができれば、一気に報酬額が跳ね上がります。

自動化をするためにはステップメールの精度を高めたり、外注ライターやマーケターを雇って、業務を依頼したりすることで、あなたの時間を作ることが重要です。

外注にはお金がかかりますが、自動化をすることで得られるメリットの方が大きいので、ある程度の収益が立ってきたらぜひ視野に入れてみてください。

バズを狙う

バズを狙うのも現在、有効な手段です。

Twitterやインスタ、TikTokなど若者を中心に人気のあるSNSを利用して、バズを狙いましょう。

一度バズれば一気にフォロワーが増え、集客が効率的になります

昨今の流行などを敏感に読み取り、自分のコンテンツと相性の良いバズはどうすれば良いのかをよく考えて挑戦しましょう。

もちろん地道にSNSやブログ、YouTubeを運用してフォロワーや読者、登録者を増やすことも重要ですので、お忘れのないように。

最新の情報を収集する

最新情報の収集もコンテンツビジネスでは重要です。

なぜなら、コンテンツビジネスでは古い情報ほど危険なものはないから。

常に最新の情報、コンテンツを提供しなければ、顧客からの信頼を無くしてしまいます。

自分の専門分野の知識は最新の情報を意識するようにしてください。

最新の情報を得る為には、どんどん投資するようにすることをおすすめします。

コンテンツビジネスの勉強でおすすめの本2冊!

最後にコンテンツビジネスを勉強する上で、必ず読んでおくべき本をご紹介いたします。

・最新コンテンツビジネスのすべてがわかる本
・商品を売るな

上記2冊をご紹介しましょう。

最新コンテンツビジネスのすべてがわかる本

まずは『最新コンテンツビジネスのすべてがわかる本』です。

コンテンツビジネスのすべてがわかるというだけあり、コンテンツビジネスの基礎から、構造、専門用語、変化など網羅的に紹介されています。

内容としてはやや難度が高いのですが、一度は目を通しておけば競合と差をつけることができるでしょう。

最新コンテンツビジネスのすべてがわかる本を熟読して、コンテンツビジネスへの理解を深めることで、より正しくコンテンツビジネスを進めることができるようになりますよ。

商品を売るな

次におすすめするのは『商品を売るな』です。

コンテンツマーケティングの入門によく挙げられる一冊。
タイトルがキャッチーで読んでみたくなるのは、コンテンツマーケティングの1つの手法です。

この一冊は図解も多く、コンテンツマーケティングを学ぶにはかなり読みやすい部類ではないでしょうか。

最新コンテンツビジネスのすべてがわかる本』では内容が難しく理解できない人場合は、『商品を売るな』で勉強してからといった流れがいいでしょう。

コンテンツビジネスに今から挑戦して、月収100万を目指そう!

以上、コンテンツビジネスについての内容でした。

コンテンツビジネスをおさらいすると「コンテンツ(著作物)を販売するビジネス」です。

現在のコンテンツビジネスは、自分の経験や知識を販売するといった物が一般的。

あなたの持っている情報を体系化して販売するようにしましょう。

ぜひコンテンツビジネスを始めて、月収100万円を目指し、より豊かな毎日を目指してください。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫