コンテンツ販売

コンテンツ販売の集客のやり方!ターゲットに合わせた集客ツールとは?

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

コンテンツ販売の集客において、効果的なのがSNSツールとの連携です。

どの集客ツールにするか選ぶ基準は、発信しているコンテンツを届けたいユーザー(お客様)を基準に考えることが大切です。

費用、労力、効果、すべてが100点満点の集客ツールは残念ながらありません。

だからこそ、最も効率よくリーチしたいユーザー層にアプローチできる集客ツールを選ぶ必要があります。

今や、無料で集客拡大できる集客ツールは珍しくもありません。

無料のもの、有料のもの、それぞれにメリットとデメリットがありますが、実際に利用してみてよかったもの、効果をきちんと実感できた集客ツールをお伝えします。

コンテンツ販売で効果的な集客ツールとは?


いかに早く、そしてどれだけたくさんのユーザーに情報を届けられるかが集客の最も重要なポイント
です。

ユーザーにとって有益な情報を競合他社に先んじて発信されてしまえば、その情報はもはや古くて、役に立たない、他社を真似た情報。

いわゆるパクられた情報になりさがり、コンテンツとしての価値が著しく下がります。

コンテンツ販売においては情報こそが商品。

その商品である情報をいち早く、たくさんのユーザーにリーチすることはサイト管理者として一番力を注ぐべきテーマです。

集客拡大の方法は、昔からあるものから最新のトレンドまで含めると、全部で約26種類。

そのすべてを実行するとなると、時間的にも予算的にも、人員コスト的にも、余程の大企業ではない限りほぼ不可能です。

実際、予算も人員も豊富な大手企業が運営するようなブログサイトにおいても、26種類すべてを使って集客拡大を図ることはありません。

時代にあったもの、そして発信する情報コンテンツと相性の良い集客ツールを利用することが、最も無駄のない集客拡大の方法です。

集客ツールを選ぶにあたって、必ず発信している情報コンテンツを届けたいユーザーを、できるだけ具体的に想像しておくことが重要です。

昨今のトレンドであるSNSツールには、それぞれ特色があります。

その特色と、発信する情報コンテンツの相性を考えるところから始めていきましょう。

集客ツールのトレンド人気ナンバー1!公式LINE


日本国内の利用者数が8000万人を超える、圧倒的な広告力をもつLINEのアプリ。

10~20代の若年層だけでなく、40代以降の層まで幅広く利用されています。

LINEのアプリ内に広告を打ち出せる公式LINEと呼ばれるサービスを使うことで、単純な話8000万人のLINEユーザーに対して集客をかけることができます。

広告には、テレビ、ラジオ、新聞の折り込みなど様々なやり方がありますが、一度に8000万人ものユーザーにアプローチをかけられる広告はありません。

圧倒的な広告範囲こそが、公式LINEの特徴の一つです。

意外と割安な広告料金も人気

それだけの訴求効果が狙える公式LINEの広告料金ですが、初期費用無料、月額料金も無料プランがあり、有料のコースでも5400円から始められます。

テレビCMや新聞の折り込み広告などの相場からすると、信じられない破格の広告料金設定も人気の理由です。

注意点として、公式LINEには、公式アカウントを取得して広告を打ち出す種類のものもあります。

その場合の初期費用は800万円~、月額費用は250万円から、オリジナルスタンプの配信は2000万円からと非常に高額です。

これだけの料金の違いがありますが、公式アカウントを使っての広告と、公式LINEを使っての広告においてできることの違いは差ほどありません。

概ね、80%は公式アカウントと公式LINEで出来ることは同じです。

今回は詳細は割愛しますが、公式アカウントにはスポンサードスタンプを配信できたり、友達から質問や意見やメッセージを受信できる機能があります。

詳しくは、LINE公式アカウント

公式LINEの基本機能は6つ


公式LINEがSNSツールとして人気の理由のもう一つは、わかりやすい機能設定である点です。

広告ツールは機能が多すぎたり、専門用語が難解で理解できず使いこなせないことが難点であることが多いのですが、公式LINEにそれはありません。

非常にシンプルで、誰でも使いやすいよう設計されたサービスです。

主な基本機能は、

  • メッセージ
  • タイムLINE・ホーム
  • アカウントページ
  • 1:1トーク
  • クーポン
  • ショップカード

の6つに限られます。

メッセージ、タイムLINE・ホーム、1:1トークは、公式LINEだけでなく一般のLINEアカウントでもよく使われる機能です。

アカウントページは、LINEアプリの中で専用のホームページを作ることができます。

ウィジェットと呼ばれるパーツを組み合わせることで、感覚的にサイトのレイアウトやデザインを変えてサイトを作りこむことも出来ます。

ショップカードとクーポンはLINEのアプリの中に、お店のポイントカードやクーポン券を発券することができます。

スマホ内のアプリであるLINEの中で発行しますから、紛失することがなく、場所も手間も取らないので、ユーザーの発券率がたかくなります。

これだけの条件を揃えていますから、SNSツールとして、一番人気のトレンドであることも納得できますね。

集客ツールの王道メールマガジン


メールマガジンは世の中にEメールが普及し始めた20年以上前から、今もなお利用され続けている集客拡大ツールの王道であり、基本ともいわれる手法
です。

メールアカウントを取得して、一斉に大量のメールをユーザー一人一人にダイレクトに送信することで、直接、情報コンテンツをユーザーに届けることが出来ます。

メールマガジンによる集客率は全盛期は5%以上とも言われていましたが、現在は、1%前後が相場です。

ネットやSNSの普及、メルマガに対する警戒心など、集客率低下の原因は様々挙げられます。

しかし、1%とはいえ、メールマガジンが集客する1%を侮ってはいけません。

ネットやSNSからのアクセスは、相手の自主性に頼りますが、これに対してメルマガは、相手の自主性に頼りません。

一対一の関係でユーザーにリーチできる点で、ネットやSNSよりメルマガの集客方法は優れています。

特質すべきは、その1%のユーザーの集客後の行動です。

メールの内容で価値ある情報を記載し、過剰な宣伝や表現がされていないものを届た上で集客できたユーザーは、高い確率でリピーターとなり、ブログのコンバージョンとなるようなアクションを起こしてくれます。

集客拡大とは数だけでなく、こちらが狙ったアクションを起こしてくるユーザーであるかまで含めた考え方を持つことも大切です。

リーチしたい相手を絞れるSNS


コンテンツ販売において、発信する情報は誰に向けられたものなのか。

つまり、ターゲティングユーザーを絞り込んだ集客拡大は非常に効果的です。

美味しいケーキの作り方」という情報コンテンツを発信するのであれば、男性より女性、40代より20代の方がそのコンテンツを求めている人の数は多いはずです。

その場合は、20代女性が最も多く利用しているSNSを選ぶといった具合に、ターゲティングユーザーに合わせたSNSを利用しましょう。

Facebookの利用者は、

  • 約2800万人
  • 男女共に40代の利用者が最も多い
  • 企業向けのページが多い
  • 10代女性の利用者が少ない

40代以降のミドル層の利用者が多く、ビジネス色が強い。

世界的シェアではナンバーワンのユーザー数を誇るSNS。

海外の情報やビジネストレンドなどのブログの集客ツールとして最適。

Twitterの利用者は、

  • 約4500万人
  • 20代の利用者が最も多い
  • アクティブ率が非常に高い
  • 短い文章しか打てない

若年層の利用者が非常に多く、平日の日中でもアクティブ率が高いので時間帯関係なく集客拡大できる可能性が高い。

若い世代に向けた情報発信における集客ツールとして最適。

Instagramの利用者は、

  • 約2900万人
  • 10、20代前半の女性利用者が最も多い
  • 利用者層の生活の一部
  • テキストではなく、画像がメイン

若い女性の利用率が異常に高く、お洒落であることが前提条件。

ある調査では、20代女性の約4割がInstagramの写真に刺激されて商品を購入した経験があると回答している。

若い女性をターゲティングユーザーとしたブログの集客ツールとして、これ以上のものはないでしょう。

LPとウェブ広告は組み合わせて集客する


コンテンツ販売の主たる集客媒体として、オウンドメディアを運営するケースがほとんです。

しかしユーザーのほとんどは、そのオウンドメディアの存在すら知らないはずです。

競合となる大手メディアサイトは、毎日10記事、20記事という膨大な量の記事コンテンツを公開していきます。

そんな競合サイトに勝っていくには、良質で有益な情報発信を地道に続けるだけではいけません。

時代のトレンドやターゲティングユーザーの動向に合わせて情報を特化したランディングページを作り、そこからオウンドメディアサイトへ流入させていく必要があります。

しかし、大手サイトのドメインパワーや記事数にLPページだけではやはり勝ち目はありません。

そこで、Google広告やYahoo!リスティング広告を利用して上位表示を獲得します。

その際、オウンドメディアのリンクを使うのではなく、ターゲティングユーザーのために特別用意したランディングページのURLへリンクを飛ばしましょう。

Googleなどの広告を見て興味を持ったユーザーが、一番初めにたどり着くランディングページ。

そのランディングページに、ユーザーにとって最高に魅力的な情報を満載にしておけば、確実にオウンドメディアサイトにも流入してくるはずです。

一度、満足感を味わった状態で訪れるユーザーは基本的に好意的ですから、オウンドメディアサイトもブックマークやお気に入り登録してくれる可能性は非常に高くなります。

また、ランディングページをSNSでシェアしてくれる可能性もあり、Google検索以外の流入元を作れるためセッションが増えます。

もし、インフルエンサーと呼ばれるSNSのフォロワーが10万人単位の世間への影響力が非常に強い人々にシェアされれば、爆発的にセッションが増える可能性もあります。

ランディングページを用意するだけではなく、またGoogle広告やYahoo!リスティング広告だけをかけるだけでは相乗効果が見込めません。

ランディングページとウェブ広告はワンセットにして、施策を行うことで、集客拡大の切り札となります。

発信する情報にあった集客ツールを選ぶこと


ブログにおいて、ターゲットとなるユーザーが一番利用している集客ツールを使って集客拡大していくことは非常に大切です。

もし、そのビジネスにおいて豊富な資金と人員があるとしても、発信する情報を届けたい相手、つまりターゲットとなるユーザーがいない場所では、集客は見込めません。

その資金と人員をより良いコンテンツ制作のために使うべきです。

少ない集客数でも質の高いユーザーを獲得できる方法も有効であること。

組み合わせることで相乗効果を生み出し、高い集客力を発揮できる方法もあります。

とりあえず何でもいいから集客ツールを使ってみようというのは、時間とお金の無駄です。

集客ツールを選ぶ際は、発信している情報コンテンツが誰に向けたものなのか、誰が受け取ると有益で喜んでもらえるのかを基準にしましょう。

発信している情報を求めているユーザーのことを想像して、最も適した集客ツールを選ぶことからはじめましょう。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫