ブログで稼ぐ

読まれるブログの特徴とは?書き方や簡単にできるSEO対策を教えます

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

ブログ記事を書く時に文章の書き方で悩むことはありませんか?

ブログは9割以上が文章で構成されているコンテンツである以上、文章のうまさがブログの良し悪しを左右する重要な要素です。

そこで文章の書き方のコツを9つをまとめました。

当記事で紹介するコツに従って文章を書けば文章を書く際にもう迷うことはありません。

また文章の細かいコツだけでなく、より大きなレベルでの文章の書き方のコツや、SEOについても述べますので、当記事の内容をおさえていただければWebライティングの全てを知ることができます。

ぜひ参考にしていただいて、文章を書いてみてくださいね。

「読まれるブログ記事」を書くための9つのコツ!


それでは本題の「読まれるブログ記事」を書くための9つのコツについてお話していきましょう。

細かいコツばかりですが、これらを意識するだけで一気に文章が読みやすくなりますので。

最初は全てを反映することは難しいでしょうが、少しずつあなたの文章に反映していってくださいね。

語尾が連続しないようにする

まずは語尾の連続をしないようにすることです。

例えば下記のような例文を用意しました。

・この文章は語尾が連続しています。
・語尾の連続は読みにくい文章となります。
・これでは読者が満足しない文章になります。
・読者が満足しないということはアフィリエイト報酬も発生しないことになります。

全て語尾が「ます」で構成された文章です。非常に読みづらく感じるはず。

文章の語尾が連続すると退屈な印象を読者に与えてしまい、最後まで読んでもらえなくなります。

そういった状況を避けるために文章の語尾は可能であれば毎回変えるようにしてください(2回までは黄色信号、3回以上は赤信号です)。

語尾が連続しない例文は下記のようなもの。

・この文章は語尾が連続しません。
・語尾が連続しないため読みやすく感じるでしょう。
・この文章なら読者が読み進めてくれます。
・読者が満足して読み進めてくれるため、アフィリエイト報酬も発生しやすいのです。

語尾を意識するだけでグッと読みやすくなったのではないでしょうか。

文章を書く際は語尾に常に意識を持ち、連続しないように気をつけてください。

ちなみにあなたがご覧になっている当記事の文章も語尾の連続は最小限に抑えています。

当記事をサクサクと読み進められるのは語尾の連続が少ないからです。

これから文章を書く時は語尾の連続がないように気をつけてみてくださいね。

主語と述語を意識しながら文章を書く

次は主語と述語の一致についてです。

主語と述語が一致しない文章は読んでいて意味が分かりづらい傾向にあります。

例えば下記の例文が「主語と述語が一致しない文章」です。

・私は「買い物に行く」というので、楽しみです。

この文章では述語「いう」の主語と「楽しみです」の主語が一致しておらず、誰がどの行動をしたのかがいまいち分かりにくい文章です。

主語と述語を一致させると下記の文章のようになります。

・私は「買い物に行く」と母にいわれたので、買い物を楽しみにしています。

このように変更しました。

いう」と「楽しみにしています」の主語を明確にしたので、文章が読みやすくなったのではないでしょうか。

日本語は主語を書かないで表現することが多い言語ですが、ブログ記事の場合は読みやすさを優先して主語をしっかりと明記するように気をつけましょう。

主語を明記することで自ずと主語と述語の一致が行われ、読みやすい文章を書くことができるようになります。

漢字とかなのバランスに気を使おう

次は漢字とかなのバランスについてです。

漢字が多すぎても、少なすぎても読みにくい文章になってしまいます。

下記の例文をご覧ください。

・漢字が多過ぎて読み辛い文章を執筆した場合、読者の離脱が想定されます。
・ひらがながたくさんあるときも、読みにくい文章となってしまいます。

どうでしょうか。

漢字が多すぎても、ひらがなが多すぎても読みにくい文章になってしまいますよね。

一般的に漢字とひらがなのバランスは3:7くらいが良いといわれています。

ではどうやってバランスを整えるのか?

漢字を「開く」という手段をとることで問題を解決できます。

難しい漢字が続く場合、ひらがなにした方が読みやすい場合は漢字を敢えてひらがなに「開い」て記述しましょう。

たとえば先ほどの文章に関しては下記のように開きました。

・漢字が多すぎて読みづらい文章を書いた場合、読者の離脱が考えられます。

このように漢字をひらがなに開いたり、漢字の熟語をひらがなの多い表現に言いかえたりすることで漢字とひらがなのバランスを取ることができます。

漢字とひらがなのバランスをうまくコントロールして読みやすい文章にしましょう。

一文一意を意識する

次のコツは「一文一意」を意識することです。

ブログ文章を書く時は「1文に1つのメッセージ」に抑えましょう。

あれもこれもと文章を盛り込むと読みにくい文章になってしまいます。

下記の文章をご覧ください。

・この文章は1つ以上の文章の意味をこめたため読みづらいですが、文章を分割すると読みやすくなります。

この文章は「読みづらい」と「読みやすくなる」という2つのメッセージを無理に1つの文章にまとめてしまっているため、読みづらい文章となっているのです。

それぞれのメッセージ毎に文章を分割してみましょう。

・この文章は1つ以上の意味を込めたため読みづらいです。
・しかし文章を分割することで読みやすくなります。

このように文章を分割すると一気に理解しやすくなりました。

文章を書く時は1文に1つのメッセージを意識するようにしてください。

文章が長くなってきた場合は文章を分割するようにするだけでも一文一意を実施することが可能です。

伝聞表現をなるべく使わない

〜らしい」などの伝聞表現もあまり使わないようにしましょう。

というのも伝聞表現は情報の信頼性を落としてしまう可能性があるため、ブログ記事の信頼性も低下させてしまう可能性があります。

ブログ記事の信頼性が低下すると、アフィリエイトの成約を得ることも難しくなってしまいますよね。

できる限り伝聞表現は使わないようにするのが吉です。

情報を羅列する時はレベルを揃える

情報を羅列する時はレベルを揃えるようにしましょう。

例えば

・人参
・かぼちゃ
・野菜
・果物
・りんご
・ばなな

などの情報があるとします。

これらの情報はレベルがバラバラでこのまま羅列していては読者にストレスを与えてしまうのです。

下記のようにレベルを揃えてみました。

野菜
・人参
・かぼちゃ

果物
・りんご
・バナナ

このように情報を羅列する時はレベルを揃えると読みやすくなります。

ブログ記事では情報を比較する際、羅列することが多々ありますので、その際は「レベル」に意識を置いて文章を書くようにしましょう。

指示語は最小限にする

次は「そこ」や「あれ」といった指示語についてです。

・あれについて記述した文章はこの点について優秀である

上記の文章では何を意味しているか分かりづらいですよね。

指示語が多い文章は単品で理解できないため、読者にストレスを与えてしまいます。

またブログなどのWeb文書は流し読みされることが基本です。

流し読みされるときに指示語があるとどう感じますか?

おそらくは「なにを指しているのだろう」と疑問に思うはずです。

流し読みされるWeb文書において、指示語は基本的に使わないようにしましょう。

できるだけ具体的に固有名詞などを記述するように気をつければOKです。

文頭に読点を置かない

読点についても注意が必要です。

・明日、遊びに行く約束をしたので、楽しみです。

上記の例文のように文頭に読点を持ってくると子供の書いた文章のように感じられます。

文頭の読点は基本として使わないように気をつけてください。

・明日遊びに行く約束をしたので、楽しみです。

上記のように読点を取るだけでグッと文章が大人っぽくなります。

文頭に読点はおかない。意識してみてくださいね。

数字を入れると具体性が増す

最後に紹介するのは文章の中に数字を入れることです。

例えば

・売り上げが20万5400円でした。

など数字を表記することで文章の具体性が一気に増し、信頼性も向上します。

信頼性が増すと、アフィリエイトの成約率も良くなることが予想されますので報酬も増えるということ。

可能であれば具体的な数字を積極的に記載するようにしましょう。

ただし必ず数字を記載しなければならないわけではないので注意してください。

無理に数字を書くために嘘の数値を出しても読者からの信頼を獲得することはできませんので。

嘘は文章を読んでいるうちにバレます。

嘘ではなく、真実で書ける数字がある時は積極的に記載するようにしましょう。

文章は構成から作るようにしよう!


以上、文章の細かいコツについて解説してきましたが、より大きなレベルのお話もしておきましょう。

文章を作る際は構成から作るようにしてください。

構成とは見出しのことで、最初は見出しを全て完成させてから細かい文章を書いていくのがおすすめです。

なぜ見出しから書く必要があるのかというと、文章の全体像を把握することが重要だから。

文章を書き出す前に「何をどれくらい書くか」を理解していないと支離滅裂な文章になってしまいがちです。

そうならないためにも文章を書く際は「見出しから」を意識しましょう。

見出しを作る時は「大見出し」だけでなく、「中見出し」や「小見出し」まで完璧に作ることをおすすめします。

構成を作る段階から完璧な見出し構成にしておくといざ文章を書く時に悩むことがありません。

文章を書く時に筆者が悩まないことは、読者にとっても読みやすい文章を書けていることでもあります。

構成を作るときは完璧に見出しを完成させることを意識してください。

読まれる文章と同時にSEOを意識した文章を書くことも大事


最後に紹介するのは「SEO」についてです。

SEOは検索エンジン最適化の略称で、Googleの検索結果の上位にあなたのブログを表示する施策のことを意味します。

このSEOを意識した文章の書き方もブログ記事を書く上で重要です。

たとえば見出しや文章中にキーワードを入れることや、指示語を使わずに表記したりすることです。

これらの施策はGoogleのクローラーと呼ばれるロボットに記事を評価してもらうためのもの。

Googleのロボットに記事を評価してもらうために文章を書く必要があるということなのです。

SEO対策には膨大なテクニックが存在し、ここで全てを紹介することはできませんが、見出しや文章にキーワードを適切に組み込むことが絶対的に重要であることは覚えておいてください。

これだけでGoogleからあなたのブログ記事が評価されやすくなりますので。

もしそれ以上にSEOについて知りたい場合は別途、調査してみてください。

ただしSEOについて調べすぎて、読者をないがしろにはしないように気をつけてくださいね。

あくまでも記事を読むのは読者です。

最終的には読者に対して文章を書くことをお忘れのないように。

SEOは読者目線で記事を書いた上で+αのスキルとして捉えてください。

そうすればあなたの記事が効率的に検索結果の上位に表示された上で、読者に読まれる文章になっているでしょうから。

読まれる記事タイトルと見出しの付け方!ブログ集客はタイトルが9割?ブログを運営していると『記事タイトル』と『見出し』が重要、という話を聞いたことはありませんか? 実はブログにおける記事タイトルと見...

「読まれるブログ記事」を書くコツを活用して記事を書こう!


以上、「読まれるブログ記事」を書くためのコツについてお話してきました。

語尾の連続をはじめとした今回ご紹介したコツを踏まえて文章を書けば、きっと読みやすい文章を書くことができます。

細かいことが多く、いきなり全ての事柄を記事に反映することは難しいですので、少しずつ文章に落とし込んでいっていただければと思います。

反復練習を繰り返すことでそのうち無意識レベルで記事の執筆をすることができるようになりますので。

また構成から作ること、SEOを意識した文章を書くことをおさえていただければGoogleにとっても、読者にとっても優しいコンテンツを作ることが可能なはず。

ぜひ読みやすい文章を書いてアフィリエイトの成約率を向上させてくださいね。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫