ブログで稼ぐ

【初心者】ブログ記事を外注化で稼ぐ方法!マニュアルや良いライターと出会うコツ

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

ブログなどやったことがない
記事を書くことに慣れていない
でもブログをやって稼ぎたい!

と思うブログ初心者の方は「外注化」を利用するのが収益化を加速させる決め手です。

今回は、初心者でも外注を使ってブログで稼ぐ方法をご紹介します!

ブログ記事外注化のメリット


ブログ初心者で記事を書くことが苦手な場合、外注さんに書いてもらうメリットは甚大ですが、記事を書くことに慣れている人にも大きなメリットがあります。

どんなに記事を書くのが得意な人でも、記事の内容を調べて4000文字~5000文字の記事を書こうと思うと1日に1~2記事が限界です。

狙ったキーワードをいち早くアップしたほうが有利なアフィエイトでは、1日1~2記事のペースではスピードが足りません。

そこで外注を雇って記事を増やしたり、自分が書いていた時間を設計の方に回したりして効率化していくことが成功の鍵となります。

ブログ記事の外注化はクラウドソーシングを利用しよう!


外注を使うことに慣れてしまえば個人間で契約を交わして育成していくことも方法ですが、慣れない間はトラブル回避や外注化に慣れるためにもクラウドソーシングを利用することをおすすめします。

使い方は難しくありません。

クラウドソーシング側が導く通りに進んでいくと契約が完了します。

一通りの流れを一度体験するとすぐに使い方を把握できますので、怖がらずにチャレンジしてみましょう。

ブログ記事の外注化で優秀なライターを獲得するコツ・注意点とは?


ブログ記事の外注の募集に効果的なクラウドソーシングですが、ただ単純にやって欲しい仕事内容の依頼を出しても、優秀なクラウドワーカーは集まってくれません。

では実際にクラウドワークスで募集する際の注意点と優秀なクラウドワーカーを集めるコツ!をご紹介していきましょう。

募集文で差をつけよう!

応募が集まりやすい募集分のコツですが、

  • どんな属性の人を募集しているか?
  • どんなジャンルを書いてもらうか?
  • 報酬はいくらくらいなのか?

例文としては「初心者歓迎!恋愛や占いなど女性に向けた記事3000文字~1文字0.5円!」といった感じです。

まずこの短いタイトルでライター側は「どの程度の難易度でどのくらい稼げるか?」という情報を読み取り、可能だと判断した人がタイトルをクリックします。

次に見るのが募集の詳細文ですが、ここでは誠実に契約を履行してくれそうかどうかの判断をします。

必要なことだけを淡々と書いてある詳細文は嫌われますので、少しテンション高めに、親しみやすい挨拶文から始まり、

  • 具体的な仕事内容
  • 噓のない報酬体系
  • 希望の稼働時間
  • 納品ペース
  • 納品方法
  • 初回の契約金額

など、記載漏れのないようにきっちりと、しかし固くなりすぎないニュアンスで記載したものを見てもらいます。

誠実で「伝えたい!」という気持ちが溢れている募集文は、読み取り能力が比較的高めなライターにはよく伝わります。

マニュアルを作成しておこう

記事を書くのが苦手なのに、募集文に気を使ったりマニュアルを用意したり…とちょっと大変な作業が必要ですが、これらの作業は一度心をこめて作っておくと使い回しが出来ますので、労力を惜しまずに取り組みましょう。

マニュアルを用意しないで都度口頭で指示するのもいいですが、口頭や都度変わる指示はライターからするとわかりにくいものです。

統一した指示で、作業のパターンを把握して早く慣れたいと思ってますので、できれば基本的な作業パターンはマニュアルを制作してあげたほうがライターは仕事をしやすくなります。

記事ごとの細かい指示があるなら、クラウドソーシングのメール機能や、チャットワークなどのツールを使って個別に連絡を取ったり、記事の指示書に書き込んでおくなどしていけば、ライターは「基本的なルール+記事ごとの指示」を守って仕事をしてくれます。

1記事・1文字あたりの相場を知ろう

クラウドソーシングではライターを募集する場合、0.5円以下なら初心者ライターが、1円未満なら中級ライターが、1円以上でプロレベルのライターが集まります。

上質な記事を書いてもらうなら、それ相応の金額が必要ですが、初心者ライターでも1文字1円以上で募集している場合があります。

ですので、記事の執筆を依頼する前に、ライターの実績の確認とテストライティングの実施をおすすめします。

テストライティングを実施しよう

これからやる仕事方法と似た形式でテストライティングを実施しましょう。

単価は正規の仕事よりも少し安価でお願いします。

テストライティングは正規の報酬より安くなることが一般的ですので、多くのライターはそこに異議を唱えることはないでしょう。

きちんと期限を設けて、その期間内に誤字脱字がない誠実な仕事を納品してくるかをまず見ます。

大事なテストの期間も守れない人は、今後も繰り返す可能性がありますので不採用です。

きちんと納品してきたら、次は内容のチェックで誤字脱字が多くないか、コピペはないかを確認します。

内容の合否は雇い主の感覚ですが、気になる指摘部分がまったくない人か、ひとつふたつの指摘で良くなると判断した人を採用します。

あまり指摘部分が多いと、ライターもプライドを持っている人間なので、ヤル気が低下して結局やめていくことになります。

仕事をしていくうちに指摘箇所は必ず出てくると思いますが、信頼関係を築いてからの指摘はライターも納得できます。

しかし、まだよく知らない関係の人に自分の作品をダメだと言われるのは、どれほど精神的負担があるのかは想像できるかと思います。

指摘箇所の多い人はあまり多くを指摘せずに、不採用の連絡を入れてそっとサヨナラしておきましょう。

合格になったライターを教育して育てて行こう!

合格したライターを教育していく必要がありますが、マニュアルと、テストライティングのある程度の見極めで当初はそれほど教育は必要ないかと思います。

ある程度自由にやってもらって、気になったところだけさりげなく助言をしていきます。

今はライターも高い単価をもらってプロ意識が高まっています。

むちゃくちゃなことをするライターは少なくなっていると思いますが、採用された気の緩みから緊張が溶けて地が出てくることもありますので、しばらくは注意深く様子を見ておきましょう。

採用後に期限を守らない、ルールを守らないライターは、どんなに良い記事を書いてもクビです。

仕事を舐めていますので、遠からずトラブルになるのが目に見えます。

優良ライターは根気よく探せば必ず見つかりますので、非常識な仕事をする人は採用後でも遠慮なく切りましょう。

ライターを教育するコツとは?

ライターの教育は根気よく行っていくことをおすすめします。

手間を省いて、指摘箇所を複数投げかけたり、感情を出した指示をしてしまうとヤル気を無くして離脱率が高まります。

離脱を防ぐために、一度に複数の指摘をせずに、ひとつずつ申し送りをして、直れば次、直れば次…といった感じで指摘をしていきましょう。

早く意に沿った記事をどんどん書いて欲しい気持ちはわかりますが、急がずまずは信頼関係を築くところから開始します。

面倒に感じるかもしれませんが、相手も人間ですから、自分がされて嫌なこと(感情を出す、横柄な態度を取る)は絶対にしないという心構えが大事になります。

それが優良ライターの力量を引き出し、自分のビジネスを繁栄させるコツになります。

良いライターに長く続けてもらうコツとは?


合格になったライターさんにはできれば長く続けてもらって、自分のサイトの戦力になってもらいたいものです。

良い関係を継続して、自分の意向もよく汲み取ってもらえて、長期に専属になってもらうにはどうしたらいいのでしょう?

ある程度は、ライターさんの采配に任せることです。

あれこれとガチガチに決まりを設けてしまうと、自由度が下がり書きにくくなってしまいます。

細かい文脈の指摘を何度もされると、これも否定されてる気分になり嫌になってきます。

ライターの性格によって、細かく監視や指示をしないと動けない「受動タイプ」や、細かい監視や指示はしないほうが自分の采配で良い仕事をする「能動タイプ」がいますので、その辺をよく見極めて指摘方法を変えていくことも大切です。

そして、長期に良い仕事を続けてもらう最大のポイントは、仕事の出来や貢献度によってきちんと報酬で評価をしてあげることです。

報酬アップを募集時のエサにするのではなく、その約束はきちんと履行しましょう。

感覚としては、半年ほどしっかり貢献しているのに報酬アップの気配もないと雇い主に不満を感じやすくなります。

他にも、書けば書くほど報酬がアップしていくシステムを採用している雇い主がいるのをライターは知っているので、「あ、ここの雇い主は報酬アップする気はないな」と判断されると、その会社の募集が上がったタイミングで離れていく可能性が高まります。

良い仕事をしてくれるライターには報酬で気持ちを示してあげましょう。

それが、優良ライターを長期に繋ぎ止めておく最大のコツです。

ライターに対してやってはいけないこととは?

ライターも雇い主も慣れてくるとよくあることなんですが、気心が知れた関係になり、ついつい依頼を拡大してしまうことがあります。

例えば、そのライターがちょっとした画像を作れることを知って、見出し下の画像制作を依頼してしまうような例です。

雇い主側は、わざわざデザイナーを雇わなくていいし、ちょっとのつもりで依頼してしまいますが、ライターは良好な関係上と少しは出来るという事実で断れなくて引き受けたとしても、モヤモヤと不満が溜まってきます。

不満が溜まると、肝心のライター業務のヤル気も削ぎ、自分からは報酬のアップも言い出しにくいことからせっかく築いた信頼関係が崩れ、離脱に繋がってしまいます。

そんな悲劇が起こらないように、ライターにライター以外の仕事をさせる時は、別途それなりの報酬を払うか、専門のクリエイターに依頼しましょう。

売上に直結する部分はライター任せにせず自分で書きましょう


どんなにプロ意識の高い優秀なライターでも、依頼元が得る報酬ほどの収入は自分には入ってこないという性質上、売上に直結する記事への熱がこもらないという宿命があります。

これは仕方がありません。どんなに教育をしても乗り越えられない壁です。

売上に直結する部分は必ず、熱がこもっている自分の手で書きましょう

熱は読者に伝わります。

ライター任せにしても必ず稼げるわけではないのは、アフィリエイターなら承知の事実ですが、この熱を読者が敏感に察知しているからです。

売上に結びつく部分は自分の感覚で熱を込めて書くのが、ブログで成功するコツでしょう。

ブログ記事の外注化は初心者が最短で収益化するカギ


ブログ記事を外注化して初心者が稼ぐ方法や、外注する際に注意する点をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

外注化を経験するために、まずはクラウドソーシングを利用して、テストライティングで優良ライターを見極め採用してみましょう。

そのための準備として、募集文とマニュアルを用意しておきます。

そして採用が無事終わったら、相手も人間だということを念頭に置いて、丁寧な対応で離脱されることがないように対応していきましょう。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫