コンテンツ販売

ターゲットとペルソナの違いとは?意味や設定するメリットを教えます!

なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫

こんにちは! ユウです。

情報発信をしようとしているとよく目にする「ペルソナ」という言葉。

ペルソナと聞いてもイメージが湧きづらいですよね。

しかしペルソナは情報発信において非常に重要な役割を持ちます。

そこで当記事では「ペルソナって一体何?」という疑問にお答えします。

また、ペルソナ設定をすることのメリット・重要性、具体的なペルソナ例も解説していきますので、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

ターゲットとペルソナの違いとは?


ペルソナについて解説していくためにまずは言葉の定義からしていきましょう。

ターゲットとはなんぞや?」そして「ペルソナとはなんぞや?」という点から定義していきます。

ターゲットの意味とは?

ターゲットとはサービスや商品を使用する客層を意味する言葉です。

情報発信でいえば情報を届けるざっくりとした顧客イメージがターゲット。

ターゲットはおおまかに客層を設定するので、

・年齢層
・性別
・年収
・生活領域

などをざっくりと設定します。

ターゲットが設定できると商品や情報の方向性が定まるため、効率的に顧客にサービスや商品を提供できるようになるのです。

ターゲットがあやふやな状態だと商品展開がぶれてしまったり、顧客のニーズに沿わない商品を作ってしまったりといった危険性があるため、ターゲットは明確に設定する必要があります。

ペルソナの意味とは?

一方ペルソナとは、より詳細な「”1人”の顧客イメージ」を意味する言葉です。

現代日本では商品もサービスも多様になり、さらには人々の働き方や生活リズムもまちまちになっています。

そういった現状を鑑みるとターゲットを設定しただけでは、顧客の絞り込みに不十分な部分が出てくるのです。

そこで利用するのが「ペルソナ」。

ペルソナはたった1人の顧客像を想像することで、より具体性の高い顧客イメージを設定し、顧客に寄り添った商品やサービス、情報を提供することが可能になります。

現代日本でマーケティングを行う際、必須の手段がペルソナ設定というわけ。

ペルソナの設定はターゲットでも説明した「性別」「年齢」「年収」「生活領域」などはもちろん、趣味や特技、価値観、好物などを詳細に設定していき、架空の1人の人間を作り上げます。

ここまでペルソナを絞り上げると自ずと必要な商品やサービス、情報が明確になってくるのです。

ターゲットとペルソナの違いとは?

ターゲットとペルソナについて言葉の定義付けをしてきました。

ターゲットとペルソナの違いを説明すると、規模が比較的大きくざっくりとした客層イメージが「ターゲット」、より詳細で小規模な客層イメージが「ペルソナ」です。

現代日本ではペルソナまで設定しなければ適切な商品の提供が難しいのが現状。

しかしターゲットを設定しなければより詳細なペルソナの設定も不可能です。

つまりターゲットを設定して、より客層を絞り込んでペルソナを設定するという流れが重要ということ。

ターゲットとペルソナは似て非なるものですが、どちらも欠かすことはできないマーケティングの必須事項なのです。

ペルソナを設定するメリットとは?


ペルソナの言葉を定義したところでペルソナのメリットについても触れておきましょう。

ペルソナには顧客イメージが詳細になるだけではなく、様々なメリットがあるのです。

下記3つのペルソナ設定のメリットをご紹介します。

・より詳細な人物像を想像できるため適切なマーケティングを行える
・ユーザーに寄り添ったサービスの提供を行える
・複数人でプロジェクトを行う際、顧客イメージを共有できる

1つずつ説明していきましょう。

より詳細な人物像を想像できるため適切なマーケティングを行える

ペルソナを設定すると「適切なマーケティングが行える」というメリットをご紹介します。

マーケティングは、ペルソナが詳細に設定されておらず、あやふやな状態ですと非効率的なものになってしまいます。

情報を届けたい人物像があやふやな状態ですと届ける情報もあいまいなものになってしまい、訴求力が下がってしまうのです。

より効率的にマーケティングをするのであればペルソナの設定は必須ということ。

ユーザーに寄り添ったサービスの提供を行える

次のペルソナのメリットは「ユーザーに寄り添ったサービスの提供を行える」ことです。

ペルソナを明確にしておくと、ペルソナが必要としている商品やサービスも明らかになり、ユーザーに寄り添った商品やサービスを提供できるようになります。

ペルソナを基準にして商品を作ることでユーザーが本当に求めているものを提供できるということ。

ペルソナを設定することでマーケティングだけでなく、それ以前の商品開発にも役立つのです。

複数人でプロジェクトを行う際、顧客イメージを共有できる

3つ目のペルソナのメリットは「複数人でプロジェクトを行う際、顧客イメージを共有できる」という点が挙げられます。

というのもざっくりとしたターゲットの設定だけですと、認識のずれが生じる場合があるのです。

例えば男性をターゲットに設定した場合、Aさんは20代の男性をイメージし、Bさんは50代の男性をイメージしていると、自ずと商品もマーケティングも変わってきてしまいます。

上記のような認識のズレを回避するためにもペルソナは役立ちます。

ペルソナを詳細に設定すると、顧客イメージのズレが出てくることはまずありえません。

そして顧客イメージを複数人で共有できると、プロジェクトの規模が大きくなったとしても、全員が1人のペルソナに向けて商品やサービスを提供することが可能になるのです。

ペルソナを作るのは少々手間ですが、結果として効率化ができるというわけですね。

情報発信においてなぜペルソナが重要なのか?


さてここまでは一般的なペルソナのメリットを述べてきましたが、ここからは情報発信に焦点をあてて解説をしていきましょう。

下記3つが情報発信におけるペルソナのメリットです。

・情報を届ける対象を絞り込むことができるから
・情報の届け方を明確にできるから
・効率のいい情報発信が可能になるから

1つずつ見ていきましょう。

情報を届ける対象を絞り込むことができるから

まずペルソナを設定するメリットは「情報を届ける対象を絞り込むことができる」という点です。

情報は誰に提供するかが非常に重要です。

例えば「副業でお金を稼ぐ方法」という情報を発信したとします。

お金を稼ぐ方法」という情報が大金持ちに届いたところでなんの意味もありませんよね。

副業でお金を稼ぐ方法」は現在お金に困っている人にこそ届けるべき情報です。

ペルソナを明確にしておけば、誰にどういった情報を届けるべきかが明らかになりますよね。

情報の届け方を明確にできるから

次に挙げられるメリットは「情報の届け方を明確にできる」ことです。

情報は同じものでも届け方で訴求力が大きく変わってきます。

例えばサラリーマンに「育児しながら副業する方法!」などといった情報を提供してもあまり意味がありません。

この場合、サラリーマンに提供すべき情報は「忙しいサラリーマンが本業をしながら稼ぐ方法」でしょう。

同じ情報を届ける場合でも「届け方」が違えば、全く訴求しなくなるのです。

そこで重要なのがペルソナというわけ。

ペルソナを明確にしておけば、情報の届け方も自ずと明らかになります。

効率のいい情報発信が可能になるから

最後に紹介するペルソナ設定のメリットは「効率のいい情報発信が可能になる」ことです。

ペルソナが明確でないと遠回りになってしまうことをここまで紹介してきました。

逆をいえば時間をかけてペルソナ設定しておけば、あとはペルソナに訴求する情報を提供するだけで適切な情報発信が可能になります。

効率的な情報発信ができることはすなわちアフィリエイトなどの収益にも直結してきますので、ペルソナの設定は必須事項といえるでしょう。

ペルソナの設定方法


ペルソナ設定のメリットを紹介してきました。

最後にペルソナの設定方法をご説明します。参考にしていただければすぐにペルソナを設定することができるでしょう。

ターゲットを設定する

まずは大枠のターゲットを設定することから始めます。

年齢、性別、年収、生活領域などをざっくりと設定しましょう。

これらは人物像の属性を意味します。

ターゲットの設定時点ではあまり詳細に事柄を決める必要はありません。

情報を求めている人がどういった人々なのかを想像してターゲットを設定しましょう。

より詳細な人物像を設定する

ターゲットの設定が完了したらいよいと詳細な個人を設定していきます。

上記の「年齢」「性別」「年収」「生活領域」に加え、「性格」「趣味」「特技」「悩み事」など個人的な部分を設定していきます。

一見情報発信に関係ないことにも思えますが、ペルソナは明確なイメージを持てば持つほど訴求力が高くなっていきますので、詳細に設定していきましょう。

場合によっては「友人関係」「家族関係」「所属している組織(学校や会社など)」なども設定するとなお詳細になります。

ここまで設定すればペルソナとしては十分でしょう。

もしそれでもペルソナの設定が難しい場合はアンケートなどを利用して、顧客の生の声を聞くのも1つの手です。

生の声からペルソナを想定することでより効率的かつ適切なペルソナ設定ができますので。

ペルソナを設定して効率的な情報発信を心がけよう


以上、ペルソナの重要性とその設定方法について解説してきました。

情報発信においてペルソナ設定は非常に重要です。ペルソナなくして成功はないと思ってください。

ペルソナを設定することで、より効率的な情報発信ができますので、今後情報発信をする際はまずペルソナを設定することから始めましょう。

もちろん最初はペルソナを設定するのは手間だと思うかもしれませんが、慣れればサクサクと設定することができます。

何よりもペルソナを設定せずに情報発信をして失う時間と労力を考えればペルソナ設定は小さな労力です。

ペルソナ設定をしっかりして効率的な情報発信を心がけ、収益の最大化を目指しましょう。


そして、なぜ僕が1日3時間しか働かず

安定収入を得ているのか?

その方法を今だけ無料公開しています!

≪期間限定ですので気になる方はお早めに!!≫